「優秀すぎると嫉妬されるという話」

「優秀すぎると嫉妬されるという話」というタイトルで論じたいと思います。

 

まず、以下の記事をお読みください。

 

 

簡単に引用・要約します。

 

安倍首相が嫉妬した人物は石原元都知事です。

 

理由は以下のようです。

芥川賞作家でヨットが好きで、かつ政治家。政治家にいないタイプ。永田町にも霞が関にも世論にも挑戦的。つねに挑戦的でかつイケメン。何でも言いたいことをいいながら、全てを手に入れている」からだそうです。

 

たけしは、首相の告白に「意外だった」と話すも「慎太郎さんは、どっちにもくみしない感じがありますよね」と納得していた。とあります。

 

私はこの番組の動画も見たのですが、安倍首相は人間力・コミュ力があると思いました。よく、人間力、コミュ力がなく、知能やIQや学歴が高いだけの人ほど、「人間力ってなんだ」や「コミュ力なんて」と言う人が多いと思います。

 

ですが、この安倍首相の話す姿を見て、人間力、大事じゃね?と心底、思いました。動画はYoutubeにあると思いますので、見てみればと思います。

 

確かに、技術や技能や知識は大事なのですが、コミュ力も人間社会ですから、権謀術数が渦巻く政治の世界は当然として、経営、ビジネスの世界でも、当然重要視されるのがコミュ力なのです。

 

しかし、私は安倍首相を手放しで絶賛できません。理由は、安倍首相はもしかしたら、私に嫉妬し、特定秘密保護法を通し、私を苦しめているという仮説が少し残っているからです。

 

森友・加計問題で、メディアが安倍政権を執拗に攻撃しました。これは、安倍首相を降ろそうという動きだったのではないか?と踏んでいます。それは、私をメディアが応援、支持し、安倍政権を倒そうとしたという仮説も一応あります。

 

朝日新聞は今でも、安倍政権を攻撃しています。

 

ですが、メディアがまだ完全に私の味方かといえば、悩みどころです。

 

そして、安倍政権が完全に敵なのか?もあやふやなのです。

 

つまり、メディアにせよ、政府にせよ、私の敵なのか、味方なのか、区別ができていません。

 

だからこそ、今回は安倍首相を手放しで絶賛はしないことにします。安倍首相は学歴は低くても、コミュ力は高いという事実だけは述べておきます

 

私は味方だと分かれば、支持する方向です。今は、不明なので、なんとも言えません。

 

安倍首相の個人的な嫉妬により、私を特定秘密保護の監視下に置き、苦しめているとしたら、これは完全な敵なのですが、これもわからないのです。あくまで、

 

番組で安倍首相は石原元都知事のことを「何でも言いたいことをいいながら、全てを手に入れているところにちょっと嫉妬しましたね」と述べています。また、「誰にも媚びない姿に嫉妬している」とも述べていました。

 

RadioFishの「黄金時代」の歌詞にこうあります。

なにもかもを手に入れた今、彼に恐れるものなどない。ただその力と栄光を知らしめるだけ。「World IS MINE」 略。才能、力、富、名誉、全てを宿す彼に我ら狂喜乱舞。

 

とあります。

 

RadioFishは私をモチーフにしていると思われるので、安倍首相の言動が気になるのです。

 

まぁ、あくまで仮説であり、推測なので、間違っている可能性はありますので。

 

さらに、私を安倍政権(そのバックにある米国も)や、メディアらが常時監視し、常時監視結果から、天才と認定していると推測されます。私の執筆の生産性や執筆速度を間近で見ているわけです。記憶力の良さも全て把握しているでしょう。ブログでは氷山の一角(表現が多少違いますが)しか出していないですが、彼らは全ての私の執筆物を見ていて、奪っています。

 

以下の記事で天才についての動画がありましたが、あれも証拠の一つです。(詳しくは述べませんが)

 

さらに、以下の記事で述べましたが、再度貼ります。

 

特権的な扱いを受けたいなら、猛烈に努力し続けないといけません。RadioFishの「Ultra Tiger」という曲の歌詞にも次のような一節があります。

 

権力にBITE 過去にGOODBYE  是正しなけりゃこの先はヤバイ SURVIVEするため己磨く 美学なんかじゃないと今自覚」とあります。

 

これの歌詞の意味は、権力に立ち向かう、歯向かい、権力を維持するには、自分自身を常に猛烈に頑張り続けさせ、実力、影響力を保持し続けないとダメだという意味でしょう。つまり、実力、影響力がなくなったら、無用になって、捨てられるということです。だから、生き残るために実力を磨き続け、これは美学というキレイ事じゃないというわけです。特権を得続けるのは楽じゃないのです。以上、ここまで。

 

さらに、私は天才としてサンプル扱いされていると予測します。天才をサンプルし、観察すると、天才研究や創造力研究や、他にもいろいろな気づきが得られるのです。

 

「サンプルとしてもっと観察したい」が私を監視下に起き、私を傍観している理由だと思われます。手助けしたり、関与したら、サンプルとして観察できなくなりますからね。つまり、軽い人体実験なのです。

 

初代ガンダムを見たことがある人は分かるでしょうが、ニュータイプ(天才的能力)のアムロ(主人公の名前)は、サンプルとして、地球連邦軍に使われました。囮として、ホワイトベースアムロらが乗る軍艦)は使われてもいます。

 

このときの構図と似ています。サンプルとして、私を監視し、軽い人体実験に使っているのです。さらに、私に執筆させることで、その成果物も盗めるメリットもあります。

 

こう推測すると、私が今の能力と成果を挙げている間は、殺される可能性はとても低いです。ただし、この能力や成果がなくなると、殺されるまでいくかは不明ですが(彼らにとってはかなりヤバイ秘密を知っているわけで。このブログで公表していますが。私に何かあったときの証拠としてです)、無用な存在として、見捨てられるでしょう。

 

いわば、用済みというわけです。

 

これらの仮説を私は持っています。ガンダムシリーズって未来を予見する傑作だと感じます。

 

 

次に、以下の動画を見てください。

 

以上です。