ASKAさん、決着・収束。

ASKAさん、決着・収束」というタイトルで論じたいと思います。

 

 

まず、以下の記事をお読みください。

 

ASKAさんのパソコンが元通りになったようです。これは物理的なモノなので、妄想ではないでしょう。

 

いまだに、ASKAさんを病気扱いする輩がいますが、この物理的なモノへの意見はどう思っているのか、謎です。

 

また、以下の記事をお読みください。「Webカメラが乗っ取られる!ネット機器の脆弱性、検証して専門家に聞いてみた」というタイトル記事です。

 

引用します。

 

いわゆるネットワークに接続するタイプの監視カメラのうち特定の製品では、外部からの設定ファイルの取得やtelnetのリモート起動を可能にする脆弱性が確認されており、そのうちのいくつかは現在も改善されないまま残っている。以上、ここまで。

 

現在はWebカメラも乗っ取り可能な時代なのです。さらに、記事では詳しい技術的な説明が書かれています。

 

さらに、以下の記事をお読みください。「「IoTクライシス」が忍び寄る」というタイトル記事です。

 

 

簡単に要約します。

 

アメリカではインターネットにつながる医療機器が注目されており、それのハッキングが懸念されているそうです。

 

ウェブカメラを子守りなどに使おうとしていましたが、謎の声が聞こえるなどしたそうです。上のウェブカメラ乗っ取り事例と同じです。

 

IoT機器を狙う手口は常に進化しており、終わりはないそうです。

 

最近では、企業側もハッカーの力を借りて対策を練るそうです。以上、ここまで。

 

IoT機器は非常に危うく、IoTの未来は不透明だと私は思います。

 

以上です。