GIVER(与える人)を当たり前だと思わないで欲しい

「GIVER(与える人)を当たり前だと思わないで欲しい」というタイトルで論じたいと思います。

 

GIVER(与える人)とは大量に与え、その恩恵に預かるのがTAKER(受け取る人)です。

 

世の中にはGIVERがいて、普通はそのGIVE(与える)ことに対して、金をもらえます。

 

 

ここで、私の事例を挙げます。

 

ここまで私は約7ヶ月間で、ブログ記事を345記事、書いてきました。スピードもかなり速いと思いますが、記事の質をきちんとクリアした上での達成だと思います。

 

なぜ、こんなGIVEすることを大量に私はやっていると思いますか? 普通なら、こんなブログで公開せずに、非公開にして、自分のものだけにしておいた方が有利ですよね?

 

それができない事情があるのです。それは非公開にしていても、メディアら(TV局や出版社など)にパクられるという事実が背景にあります。

 

これは私は長年、気づいていました。そして、非公開のままにしておいて、パクられ、残念な目に遭っていたのです。もはや泣き寝入りですね。

 

ですが、ここで私は発想の転換をしました。「どうせ、パクられるのなら、公開すればいい」と。

 

そうして、今に至り、非公開にしていた内容もほとんどをブログで公開するようになったのです。

 

こういう執筆物系(特にビジネス書系)は、部分だけでもパクることが可能です。小説なら、全体で一つの作品ですから、なかなかすべてをパクることは不可能です。

 

つまり、私の大量のGIVEする行為は全然、当たり前じゃなく、消極的理由でやっているのです。本来なら、公開などせずに、自分の利益にするか、将来の出版などに備えて、溜め込むのも選択肢の一つです。

 

ですが、メディアらがすぐにパクることによって、それができなくなりました。パクられたら、私の執筆行為は意味がなくなります表に私より先に出されてしまったからです。ならば、儲け云々よりも、著作者としての証明として私がブログで先に公開した方がマシと捉えたわけです。

 

ここで、メディアらの搾取(私はそう呼んでいます)から逃れるには選択肢として以下が挙げられます。

 

1 パクられない技術を磨くこと。例。プログラミングなどのIT技術。

 

2 ライターとして、仕事を獲得し、成果として出してしまうこと。

 

この2つぐらいしかないでしょう。

 

しかし、私はまだこの2つの選択肢を取っていません。理由は伏せますが、とにかく今は待ちの状態ということです。

 

そして、私は以下の記事でも書きましたが、著作権的に微妙?な記事も書いています。(不明です)

 

しかし、なぜ、咎められないのかと言えば、メディアらが私に対して搾取しており、引け目を感じているからだと分析しています。メディアらもさすがにやりすぎているとは自覚しているのです

 

ですが、いいカモというかサンプルというか情報源を手に入れたので、利用しているのです。その搾取期間は優に20年を超えたと思われます。すさまじくないですか?こんなにも長い期間、精神的虐待に近い行為をしてきたのです。

 

私は搾取され、利用され尽くされています。その代わりに得たものは、金はほぼなく、影響力です。私の主張の精度が高いのもありますが、ネタ元としても豊富であり、主張の精度が高いのであれば、影響力が自然と出てきます。

 

メディアらは私にかなり影響を受けていると思われます。利用している側なのですが、逆に、影響も受けているのです。

 

メディアの発信人や芸能人らは、私の発言にのっかるケースが多いです。ウーマンラッシュアワーの村本さんの「選挙を棄権した」はその例です。

 

私の中卒は高学歴層にバカにされる発言の翌日に藤井四段の高校進学発表がありました。

 

ホリエモンは以下の動画のタイトルは、ホリエモン高橋みなみ 20代半ば「もう夢追う年齢じゃないよなぁ…」と思ってる人へ。人生に目的は必要ありません。」とあります。ホリエモンはラジオの中で、「人生に目的は必要ない」とはっきり言っています。

 

 

私は以下の記事で人生に目的は必要なのか?と書いており、否定しています。

 

他にもこのブログには書いてない、触れていない根拠(関節証拠と呼んでいます)と呼べるものが軽く150以上 (ありすぎて正確にはわからない)はあると思います。

 

私は何の根拠もなく、エシュロン説など唱えません。実体験により、盗聴や盗撮が当たり前だとかなり前から気づいていたからこそ、言い続けていたのです。

 

私は選挙の予測での因子や要因に基づく分析の例のように、根拠があって予測や主張をします。根拠なき予測や主張はほとんどしません。私が影響力があるや、パクられているというのはすべて根拠があって言っています。

 

しかし、それを直接的に証明できないので、泣き寝入りなわけです。(私に金がなく、動けないのもあります。弁護士費用すらありません。私になるべく金とPCのセキュリティの知識を与えないように、メディアらが動いているとも見ています。セキュリティの知識は私が勉強すればいいのですけどね) 

 

金の件は私にある程度、金が溜まってくると、何かが壊れる現象が起こることからも説明できます。一時期、かなり金が溜まったと思ったら、スマホが原因不明の理由で壊れたのです。買い替えをして、今まで貯めていたお金が一気に消えました。

 

ちなみに私はかなりメディアらを通じて(ネタ元に私はなっているわけで)世の中に間接的に貢献していると自負しています。私が裏でかなり頑張ったおかげで、日本や(世界?)は潤っているわけです。私には影響力以外、何のTAKEも得ていませんけどね。

 

こんなに世の中に貢献していて、批判を受ける謂(い)われはありません。金ももらっていなく、無償活動に近いことをしていて、なぜ、批判やクレームを受けないといけないのでしょうか? すいません。アンチはMARCH層の2人だけです。他の人は批判していませんね。

 

さて、私のブログは1日のアクセス数が平均100ぐらいです。以下の写真を貼ります。

f:id:yababiji2:20171031195048p:plain

 

f:id:yababiji2:20171031195106p:plain

 

Googleからの検索流入が多いようです。Yahooも合わせると、82%であり、圧倒的です。

 

はてなブログなんて全然、アクセスに寄与していません。

 

しかし、Googleからの流入がこれだけ多くて、毎日平均で100アクセスってどういうことなのでしょうか?定着しないで、新規者が多いということなのでしょうか?

 

GoogleAnalyticsを見てみました。

ReturningVisitorは、50.9%で、New Visitorは、49.91%でした。新規者が多く、毎回入ってくることが窺えました。詳しい結果は伏せます。

 

GoogleやYahooから検索して流入してきては離脱するということですかね。はてなの定着ファンはかなり少ないのかもしれません。

 

しかし、Returning Visitorの平均セッション時間は5分47秒なのですよね。コアなファンにはかなり読まれているようです。

 

まぁ、早く搾取から逃れる手段を考え、実行する必要はあります。

 

最後に、今までの月間最高記事数記録を打ち立てました! 64記事目です。

 

以上です。