単に、読書している人を絶対視、尊敬するなという話

世の中には多読家がいます。

 

以下の記事を貼ります。

 

芦田愛菜ちゃんは年間300冊以上、読むそうです。

 

私も、ビジネス書7000冊読破(小説100〜200冊と、立ち読み含む)から言えば、多読家に入るでしょう。

 

 

ですが、単に「読書しまくっています」と言う人には注意が必要です。というのも「その読んだ本をどれだけ血肉化、咀嚼(そしゃく)しているか、不明だから」です。

 

他にも、読んでいるジャンルの本や、読んでいるレベルの本にもよります。小説を1000冊読んだからといって、ビジネスで活用できるかといえば、あまり実用的じゃないでしょう。また、小説は娯楽だと思います。

 

読んでいるレベルの本の話でいえば、私が情弱扱いしているレベルの本をいくら多読したからといって、差別化、差をつけることは難しいでしょう。差をつけるには他の人が読んでいないか、もっと難しい内容の本をよむ必要があります。「人が持っていない情報だからこそ、差をつけられる」わけですから。

 

もちろん、下記の記事でも書いた通り、思考力、理解力などで情報を生み出し、差をつける手法あります。

 

で、たくさん読書しているといっても、「小説ばかりや、レベルが低い本ばかりや、ある程度、良書中心に読んでいても血肉化し、活用できていなければ、それは単なるノウハウコレクター」に近いと思うのです。

 

では、どうしたら、ノウハウコレクターに近い存在から離れて、読んだ本を血肉化、咀嚼できるのかというと「読んだ本を毎回、要約や、書評などを書いてまとめること」なのです。

 

要約は、きちんと理解していないと、まとめられません。よって、より深く理解することができます。また、記憶に残りやすくなり、アウトプットもできやすくなるので、きちんと吸収したといえるレベルに近づきます。

 

または、人に読んだ本を定期的に話す、または人にいつでも、自在に読んだ本の内容を話せるようになっていれば、血肉化できたと言えるでしょう。(文字にするだけでなく、話すでもOKです)

 

ただ、大量に読んでいる人はおそらく、ほとんどの情報が忘却の彼方にいっているか、吸収率1割未満ではないでしょうか?(推測値です) 本を読んだなら、きちんと吸収し、血肉化までしなければ、重要性が薄れます。正直、金と時間の無駄です。(まったく読まないよりは良いですけどね)

 

なので、皆さんにお勧めしたいのは、読んだ本やブログなどを要約してみることです。自分の言葉で言い直してみるのです。そうすると、理解が深まります。ただ、読み流すよりも、よほど定着率が高くなります。(既に、ブログなどでアウトプットしている人は、要約などの過程も含んでいる場合が多いでしょう。そもそもアウトプットできている時点で、自分の言葉で表現できているので、血肉化できています)

 

ぜひ、ブログで要約や、アウトプットなどで訓練し、血肉化し、活かす読書にして欲しいと思います。

 

最後に、凄いのは「本を読む人ではなく、書く人」だと言いたいです。または「話す人」だと言いたいです。以下の記事でも書いています。アウトプットしない人は「何をしているのか?」と。「単なる作業者なのか?」と手厳しい意見も書いています。もちろん、無意識下には情報が残るので、「意思決定に影響を及ぼす」という利点はありますけどね。「頭の良さとは表現力(アウトプット)である」

 

 

読む側からすれば、読んでいるうちは「これくらいなら自分でも書ける」と思いがちでしょう。ですが、実際に書いてみると、意外と大変だという点があります。「実際にやってみるのと、見ているのとでは、大きな壁がある」のです。

 

f:id:yababiji2:20170815194241p:plain

 

ただ、読書している人は、ぜひ、要約や書評や話すなどでアウトプットして、血肉化して欲しいと思います。また、傍観者の視点から抜け出せます。(実際にやるのは意外と大変だと実感できるという意味です)

 

 

以上です。