私のブログはどうやら著名人に見られているようだ

「私のブログはどうやら著名人に見られているようだ」というタイトルで書きます。根拠はたくさんあるのですが、それらは伏せて、今回は、多少、関係ありそうな記事を集めてみました。

 

「今の日本の教育改革のネタ元本」というタイトルで本を書いていて、洒落(しゃれ)と書きましたが、私は実は、政府やメディアなどに知られていると推測しています。(関係妄想ではなく、推測によるものです。数々の間接証拠から導き出しました)

 

 

まず、松居一代さん関連の記事は以下。「メリットを与えないと、誰もついてこないよ」ということを示しました。

 

 

松居一代さんについて言及した記事を書いたら、「私たち夫婦だけの問題ではなく、黒い権力との戦いだと言い、皆の役立つ人間になりたい」と泣いて訴えていました。以下の記事に書かれています。動画も見るといいでしょう。

 

 ちなみに、黒い権力とは、週刊新潮によれば、ホリプロの芸能事務所であるそうです。これについては別途、述べる機会があるかもしれません。

 

 

次に、以下の記事で、勝間一代さんを私は評価し、宝くじは情弱商売だと書きました。

 

以下は、宝くじ批判記事です。

 

次は、勝間和代さんを評価した記事です。

  

そしたら、以下の記事で勝間和代さんが「宝くじをめぐって国を猛批判「夢を食い物にしている」が出ました。

 

また、以下の記事で、橋下元市長が私のブログを推測ですが、読んで、模倣したという言及をしました。橋下元市長にも読まれている可能性があるという意味です。

 

 

 

さらに、「TV局のせいで不快なツイートが氾濫」という記事を書いたら、以下の記事で、似たような内容が言及されました。(これはそこまで関連性はないかもしれませんが)

 

 

ここまで、たくさんの偶然が続くとはとても思えず、私のブログは見られていると感じています。私は以下の記事でも書いたとおり、危険察知能力が高いです。ハッキングも見破りましたし、元知人の嘘も見破りました。見破る能力は高いと自負していますので、おそらく、ブログは見られているのでしょうね。

 

 

「見られているのが事実だとしてもだから何?」って普通の人は思うのでしょうが、私の意見・主張はネタ元とされているなら、「引用元を示すなど、最低限の礼儀は必要じゃない?」というものです。私自身は引用や参照をしたら、ほぼ引用・参考文献として示しています。勝手にネタ元にされてるのはあまりいい気分じゃないということです。

 

以上です。