「ハイスペ女子はニートと恋に落ちるか?」へのさらなる私の分析

まず、以下の記事をお読みください。

 


 

 

簡単に要約します。

 

ハイスペ女子はニートや低年収男性とは結婚しないということです。生涯未婚率にそれは現れており、高収入女性ほど生涯未婚率は高いのです。(医者の女性は結婚しないとよく聞きます。これは著者の意見ではなく私の意見です。)

 

その理由は高収入女性は高収入男性と結婚したいのですが、高収入男性は低収入女性(可愛い子)と結婚したいからのようです。

 

低収入女性ほど、結婚率が高いのですが、それは自身の年収だけでは生きていけないからでしょう。 以上、ここまで。

 

私はここに分析を加えます。

 

「高収入女性はなぜ、ニートや低収入男性と結婚したがらないのか?」ということへの分析です。

 

理由として、私が以下に書いた記事は参考になると思います。

 

 

つまり、高収入女性は「良い男性」を見過ぎたのだと思います。「良い男性」は高収入男性に多いと思われます。仕事ができる=問題解決能力が高いなどの表れですしね。

 

「低収入男性」に魅力が高い男性がかなり少ないから、わざわざ結婚したがらないのです。さらに言えば、高収入女性は子どもだけは欲しかったりするかもしれませんが、メイドなどを雇えば何とかなりそうです。(雇えるだけの財力もあるでしょう〛

 

橘玲氏の分析では高収入女性は仕事へのやりがいなどもあるので、結婚への強いこだわりがないと言います。(低収入女性は生活や生存がかかっていますから、結婚へのこだわりが強いです)

 

「低収入男性」は概して魅力度が低いからこそ、高収入女性に選ばれないのです。逆に、低収入男性は高収入女性と結婚してもいいと思っているはずです。ですが、マッチングが上手くいきません。

 

低収入男性でも、能力が高かったり、イケメンなど明らかに魅力が高ければ、選ばれる可能性はあると感じます。

 

というわけで、散々、繰り返し言っているように、低収入男性のほとんどが魅力度が低い(高収入男性は魅力度が高い割合が高い)ので、選ばれないという分析になります。(まぁ、当たり前の結論です)

 

最後に、私は自分の立場を考慮したり、ポジショントークを記事に反映させていません。ただ、世の中はこうなっているよと現状分析と、解明をしているだけです。私自身はどうなの?という意見は聞きません。単に、現状分析したり、解明する人が世の中にいてもいいと思うのです。それは科学者の真理探求と似ています。恋愛系の記事を書くと、批判を浴びやすいのですが、私自身のポジションは含まれていないことを承知してください。

 

以上です。