男と女の悲しい生存戦略

以下の記事をまず読んでください。

 


簡単に要約すると、櫻井くんにはセフレがいたということです。そして、そのセフレを本命女性と思われる小川アナとの関係を考えてなのか、切り捨てたらしいのです。

 

この記事に悲しい男と女の生存戦略が隠されています。

 

つまり、モテる一部の男はセフレを作り放題なわけです。男がイケメンか、億万長者なら、女性は寄ってきやすいです。いわゆる、男性優位な関係なので、女性はセフレとして扱われやすいのです。

 

これが一夫多妻制なら、そのセフレの女性も恩恵を受けられます。本妻ではないですが、一応、妻の立場を得られます。ですが、今の日本では一夫多妻制は認められていないので、セフレの女性は切り捨てられるというわけです。または、不倫をする女性も共通項があります。魅力的な男性が結婚している場合、不倫関係になるのです。

 

一部のモテる男にとっては、バラ色の世界ですが、しかし大多数の非モテ男も黙ってはいません。不倫は告発され、叩かれますし、セフレ関係もばらされ、叩かれます。一夫多妻制であるなら、叩かれることはありませんが、そうではない日本では、叩かれるわけです。

 

 

一夫一妻制とは、大多数の非モテ男のための制度だと思われます。というのも、本当に魅力ががない男は(大多数ですが)、本来なら誰とも結婚できないからです。

 

しかし、一夫一妻制の日本では、非モテ男にもチャンスがあるのです。それは、一部のモテ男が捨てた女性をハイエナのように拾う作戦です。モテ男にセフレにされたか、捨てられた女性は、自尊心が傷つき、非モテ男の誠実さに惹かれるのです。

 

「モテる男に遊ばれて疲れた」と感じた女性は、非モテ男の誠実さを求め、中には結婚に至ります。

 

結局、世の中は魅力度が一致していなければ、結婚まで至らないのです。

 

魅力とは、たくさんの要素がありますが(ここでは省きます)、魅力が一致していなければ、どちらかが優位(男性優位、女性優位など)であり、セフレにされるか、アッシーくん(古い言葉ですが)にされるかなどされます。

 

世の中の恋愛は戦争であり、残酷です。そこには同情はほぼありません。同情で結婚する人なんて、ほとんどいないでしょう。やはり、魅力が同等であり、釣り合っている、または利害などで補完関係にあるからこそ、結婚するわけです。

 

皆が、最高の異性を求めています。製品やサービスで妥協する人はいても、結婚戦争では妥協はなるべくしたくないのが本音でしょう。

 

ですが、結局は自身の魅力を正確に知り、釣り合った魅力度の人とじゃないと結婚は成立しません。高望みすれば、セフレにされるか、愛人にされるか、遊ばれるだけです。

 

考えれば分かることです。自分より魅力が上な人には、自分の知らない異性からのアプローチがあるはずです。その中から選ぶのが本来の姿ですし、自身も妥協はなるべくしたくないですから、ライバルよりも魅了が下なら、選ばれることはないのです。

 

この世の中は、恋愛、結婚は戦争であり、ライバルが多数いて、その中から選び、選ばれて、子孫を残す生存レースなのです。

 

よって、魅力度が同等な異性を選ぶのが、結局は、幸せな恋愛、結婚に行き着きます。

 

魅力はたくさんありますが、それは各自、考えてみてください。(たくさんありますが、考えてみてください)

 

最後に、私は自分の立場を考慮したり、ポジショントークを記事に反映させていません。ただ、世の中はこうなっているよと現状分析と、解明をしているだけです。私自身はどうなの?という意見は聞きません。単に、現状分析したり、解明する人が世の中にいてもいいと思うのです。それは科学者の真理探求と似ています。恋愛系の記事を書くと、批判を浴びやすいのですが、私自身のポジションは含まれていないことを承知してください。

 

以上です。