ファンを装うファンじゃない人

以下の投稿記事を書いたら、はてなブックマークをつけてもらった上に、コメントを4件いただいたので、載せておきます。

 

f:id:yababiji2:20170526095001p:plain

 

この中の、rarara2437さんは申し訳ないですが、私のファンではないです。推測ですが(当たっている可能性が高いです)、私に批判的な知り合いです。

 

なぜ、そう言えるかというと、私のブログの真のファンであるなら、ビジネスの知識などに共感してくれているはずだからです。

 

私の進路のネタに反応する奇特な人は珍しいです。いくら、熱心なファンといっても、他人の進路のネタまで気にかける人は少ないです。

 

そして、私に批判的な知り合いとは、進路の話で議論になっています。その知り合いは私のビジネス書などどうでもよく、「ITやらないの?プログラミングやらないの?」としつこく聞いてきます。その人は、プログラマー見習いです。

 

つまり、完全にファンを装った知り合いの投稿の可能性が非常に高いのです。

 

人の進路の話まで気にかける、または「厳しいようですが」ってわざわざ言及する自称ファンが本当のファンなわけないですよね?

 

 「厳しいようですが」に暗に含まれる意味は「人工知能やデータサイエンティストをやると表明していたのに、ブログ運営をするの?一貫性がないね」という知り合いのメッセージです。彼からすれば、私のビジネス書などのブログ運営はどうでもよく、プログラミングに引き込みたいからです。本当の私のブログファンならば、ビジネス書の知識面などでメリットを受けているはずであり、私の進路ネタなどに反応しません。わざわざ、進路ネタに反応することから、私に批判的な知り合いだと確信したのです。 (私のブログファンなら、逆に私のブログをやめて欲しくないはずです。つまり、人工知能やデータサイエンティストに行って欲しくないのです。であるなら、はてなブックマークをつけて、続けてくださいぐらいの感想しかないはずです。進路がどうなったのですか?なんて聞かないです)

 

そして、この人のアカウントは即興で作られたものと思われます。私の一つの記事しかブックマークしていません。(明らかじゃないでしょうか)

 

一応、知り合いに返答しておきますが、平行してITの勉強はするつもりです。で、ブログの進路の可能性も残しておきます。(ITは向き不向きがあり、やってみるまで適性があるかわからないからです。適性があるとなったら、本腰を入れる可能性がありますし、ブログが超人気になったら、そっちで食っていく道を選ぶかもしれません)

 

身内ネタで、私のブログの読者の方には申し訳ないのですが、世の中にはこういう事例があると思ってみていただけたらと思います。さらに、koukihという人が私のブログに大量の書き込みをしていましたが、彼も知り合いだったことが分かりました。(最初は知り合いかどうか分かりませんでした)

 

  

知り合いが、ファンを装ったり、関係ない人を装って投稿してくることがあります。読者の方は、そういう事例があると知っておくと、何かの防衛策になるかもしれません。

 

ネットではいくらでも嘘をつけるので、rarara2437さんが反論や「違う」という返信をしてきても、スルーします。私に批判的な知り合いは、前にも嘘をついたことがあり、私が問い詰めたら、嘘を認めた過去があります。その知り合いは「そんなわけないでしょ」と認めませんでしたが、私の間接証拠の数々で、認めました。

 

このような過去がありますし、今回も間接証拠として、上記のおかしな点が見受けられるので、反論は一切スルーします。(つまり、知り合いだと確信しているということです。もし3%くらいの確率で知り合いじゃなかったとしたら、私に疑いをかけられたわけですから、ファンをやめてください。しかし、私はリスクを冒してでも、知り合いだと確信しています)

 

以上です。