「今の日本の教育改革のネタ元本」の宣伝文章。(Amazonなどの本の紹介に載っている)

「今の日本の教育改革のネタ元本」の宣伝文章。(Amazonなどの本の紹介に載っている)

 構想約4年!総文字数約25万文字

  今、日本では2020年を目標に大幅な教育改革が行われようとしています。その改革のネタ元になったかもしれない内容が書かれているのがこの本です。ネタ元は洒落(しゃれ)ですが、そう感じられるほど、教育について分析し尽くしました。

 「この本を読まずして、教育改革は語れない!」と断言します。「ただ努力すればいいわけではありません。工夫して正しい努力が大事です」 工夫して正しい努力とは何か?が私の本には書かれています。

 

今までの大学受験や教育は正しい努力を子供たちにさせてきませんでした。2020年からは激変していく世の中で通用する人材に育てるために、正しい努力をさせる大学受験や教育を受けさせたいと思い、私は教育構想を練りました。

 

それを文部科学省が参考にしたかは定かではありませんが、そう思っても不思議ではないほど、私の教育についての分析は鋭い着眼点を突いていると思います。ぜひ、読者の方には日本の教育改革の方向性を見極めるため、もしくは順応するために私の本を読んで、どのような力を身に付ければ激変する時代に通用する人材になるか?見定めて欲しいです。

 

また、大学教育の目標は少しでも上位に就くこと、つまり、アメリカを追い抜こうということです。従来の大学教育でも、No.3ぐらいの地位は築けてきました。アメリカには勝てない、または戦争となぞらえて無謀な戦はしないことだ、と諭す人もいるでしょう。

 

もちろん、全ての分野でアメリカに勝つことは難しいです。自動車ではアメリカに勝っているし、アメリカは製造業からは撤退気味です。代わりに、ITや金融に目を向けています。製造業の日本の地位は維持しつつ、ITなどの分野(電機産業含む)などで、アメリカを追い越すためにはどのような教育が必要なのか?考えて、構想を練りました。

 

または、ビジネス界以外の要素も含めて、教育構想を考えました。その結果が本書として結実したと考えています。アメリカに負けてもいいし、今の地位を維持できればいいと考えている方は教育改革に反対だし、現状維持を望んでいるかもしれません

 

ですが、最初から3位を目指していてはそれすら維持できないのが世の常です。日本より下の国も、挑戦すると思われるからです。よって、時代の変化に合わせるのとアメリカに打ち勝つための教育構想を考えて本書を書きました。

 

勝つだけが全てじゃありませんが、挑戦しないとしたら、現状維持すら無理です。ということは、将来、今の生活水準より下降することに甘んじてもいいということになります。福祉や年金の人も減らされていいのでしょうか?勝つ人が多くなければ福祉に金など回りません。

 

負けてもいいという人は今の生活水準すら維持できず、下降を続けることを容認しているか、もしくは他の勝てる可能性がある人材の足を引っ張っているのです負けるか、維持派は教育改革を維持し、変えない派なので、正しく努力したい若者の足を引っ張っています

 

教育改革で全てが変わるわけではありませんが、勝つ勝率を上げるためにできることで、なおかつ効果があることなら何でも取り入れるべきだと考えます。

 

「東大生」は優秀な人の割合、確率は高いと思いますが、「もっと世の中に役立つスキルや教育」を受けるべきです。無駄な勉強、正しくない努力をさせられ、消耗しているのが現在の「東大生」です。(東大生は比喩でして、高学歴一般が無駄な消耗をさせられています)

 

それを正すために、私は本書を書きました。競争し、大学受験をするなら、「役立つ勉強」をさせるべきでしょう若者の貴重な時間をこれ以上、無駄にしていいのでしょうか?

 

また、この時期に出版したのには理由があります。2020年の教育改革をさらに進化させるため、多くの人を議論に参加してもらい、本書が叩き台となることを目論んだのです。ちなみに、私の意見はある程度、文科省に届いたようです私の本の内容と皆の意見を融合させ、2020年の教育改革を確実に成功させるため、多くの人に読んでもらうことを願う次第です

 

 以上。

 

文科省に参考にされたという記事は以下に載っています。

 

 

これは、電子書籍にせよ、紙の本を出版するにせよ、出版を想定して、本書の紹介として書くなら、こういう文章を載せようと思い、書きためておいたものです。日の目を見るかは分かりません。