今の日本の教育改革のネタ元本への投げ銭、よろしくお願いします。

無料で読んでもらい、内容が良いと思ったなら、投げ銭(100円でnoteで公開中。あくまであなたの意思です)してもらいたいと思います。(マクロ経済学の第1章は省きます。読みたい方はnoteで買ってください。専門的な内容なので一般向きじゃないです) 

 

以下の記事は、前に投稿したままです。ご容赦ください。noteのリンク先が貼ってあります。

 

参考・引用文献代だけで、この本を書くのに、総額「19万6694円」かかっています。構想は3〜5年です。分冊にしない版は文字数約25万5260字です。(新書は約10万文字と言われていますので、新書(単行本も?)2冊半ぐらいの文量でしょうか)

 

これだけの本の量を読んで自力で世の中や教育の全体図・俯瞰図を作るのはかなり骨が折れると思います。私が3〜5年の年月と大量の本を読書し、要約やまとめをし、バラバラな本の断片を整合性の取れるようにまとめ上げ(それらを組み合わせるには記憶力が必要)、全体図・俯瞰図を作り上げました皆さんの労力の肩代わりをし、皆さんの人生のショートカット近道となるように丹精込めて書きました

 

以下のリンク先の記事から、note有料記事へ飛べます。または、パソコンのHP画面上のリンク先からもnote有料記事へ飛べます。

 

まだ、太字にしていないのですが、速く欲しい人もいるかもしれないと考え、出しました。(徐々に、太字も加えていきます) 2のマクロ経済学は専門的な内容なので、飛ばしても本書の理解にはさほど影響しません。(つまり、買わなくてもいいかもしれない。マクロ経済を知りたい人は読むとドヤ顔できます) 

 

1では以下の記事でかなり触れたので、序章から読んでもいいと思います。

 

 

 

後半になればなるほど、内容が濃くなっていく構成です。前半で本の内容を判断してもらいたくないです。では、ぜひ、人生の俯瞰図・全体図を手に入れてください。人生の近道、ショートカットへようこそ。

 

出版化の可能性があることはご承知ください。また、note記事は修正・加筆が可能なので、今後、分量が増える可能性が高いです。そういう意味でも、安いうちに買うのは賢いと思います。(値上げする可能性があります)

 

 

 

1 100円→100円へ変更。

2 200円→100円へ変更。

 

3 200円→100円へ変更。

4 200円→100円へ変更。

5 200円→100円へ変更。

6 200円→100円へ変更。

7 100円→100円へ変更。

8 150円→100円へ変更。

200円→100円へ変更。

10 150円→100円へ変更。

11 150円→100円へ変更。


12 250円→250円に据え置き。