経済的成功を掴むための絶対的な1つの秘訣とは?

経済的成功を掴むための絶対的な1つの秘訣とは?

 

経済的成功を掴むにはレアな人材になる必要があります。レアな人材とは稀少な人材であり、かなり珍しい人材です。だからこそ、大金が稼げるわけです。

 

レアな人材が大金を稼げる理由は、他の人に真似できない仕事をできるからです。代わりがいないのです。例えば、メジャーリーガーのトップ選手や、才能ある芸術家結果を出す起業家や研究者などは、代わりがいないと言えるでしょう。

 

逆に言えば、代わりが大勢いる平凡な人材だと、買い叩かれますし、代わりがいくらでもいるので雇用の立場も弱く(賃金も安く抑えられる)、誰がやっても同じ仕事、人間という扱いをされやすいでしょう。これでは、大金を稼げるわけがありません

 

では、大金を稼ぐレアな人材になる道とはどのようなものがあるのでしょうか?

それは、スペシャリストπ型人材ゼネラリストになります。

 

1つ目のスペシャリストは専門分野でトップクラスになることです。上位10位に入れば、その専門分野のトップクラスではないでしょうか?専門分野で上位10位以内というのはかなりのハードルの高さでしょう。この道を究めるのはかなりの苦労を伴います。

 

それに対して、π型人材ゼネラリストになると、ハードルが下がります。それは、π型人材であれば、基礎的な広範囲の教養の上に、専門分野を2つ持つ道です。専門分野の組み合わせが2つになるので、独自の組み合わせが作りやすくなりレアな領域の人になれる確率が上がるでしょう。

 

さらに、ゼネラリストだと、組み合わせが複数になり独自の立場を作りやすいです。私の例でいえば、教育、経済学、経営学自己啓発、企画、短編小説、就活、恋愛、人事・マネジメントなどを主として、広範囲に知識を増やし、俯瞰図を作り、独自の立場を作っています。

 

さて、レアな人材とは稀少人材なわけですから、普通の人と同じこと、同じ努力をしていたら、なれませんレアな人材になるための秘訣が、タイトルにあるように「経済的成功を掴むための絶対的な1つの秘訣」イコールになります。

 

その答えとは、自分に厳しいということです。他人の基準・評価ではなく、自分の基準・評価が常人に比べて極めて厳しいのです。イチロー「他人の評価は3割でも御の字だと思うだろうけど、自身の評価は4割は打てると思っていて、やっている」というようなことを言っています。イチロー4割という厳しい評価軸を課しているのです。

 

このような自分に厳しい人は、レアな人材になりやすいです。そりゃそうですよね?

自分に極端に厳しい人なんて世の中にはほとんどいないわけですから、もし現実にそれを実行したら、レアな人材になりやすいです。あとは、スペシャリストになるか、π型人材か、ゼネラリストかの方向性の違いだけです。

 

自分に甘い基準を課している人が、レアな人材になれるかといえば、ほぼ不可能でしょう。まぁ、お笑い芸人なら、自分にOKを出す基準が甘い上に、センスがあれば通用するのでしょうが、基本的に普通の仕事なら、自分に厳しくなければ、レアな人材にはなれません。

 

このように、経済的成功を掴みたいなら、レアな人材になる必要があり、そのためには自分に極端に厳しくなければいけないのです。経済的成功と書いたのは、精神的成功や幸福なら、自分を満足させればすぐに達成されるからです。精神的成功や幸福は、比較をせず、自分らしく生き、満足を得やすい人はすぐに獲得できます

 

そこには、レアな人材になる必要もありませんし、自分に厳しくする必要もないのです。

あくまで、経済的成功の秘訣の話ですので、ご注意ください。

 

以上です。