俯瞰図、イノベーション的読書法とコンサルタント的読書法の違いとは?

 

俯瞰図(ふかんず)、イノベーション的読書法というものを皆さんに紹介しますね。

私の読書法です。この読書法は、俯瞰図、つまり全体像や方向性を示す著作物やイノベーション的企画案を出すときに有効です。

そのやり方を紹介しますね。それは「良書と呼ばれる本を一応、全部目を通し、覚えておきたいと思った箇所は自分の記憶か外部のPCなどに保存する方法」です。

そして、何かの本を書いたり、主張をしたりするときは過去の膨大な記憶から取り出します。「あ、あの本の、あの箇所にこういうことが書いてあったな」などと思い出すわけです。それらをつなぎ合わせることで、全体像や俯瞰図を作ります。

企画や不確実性の高いテーマに取り組むときに役立ちます。何が将来役立つかわからないので、自身の直観で残しておきたい情報は覚えておくのです。そして、後から思い出し、つなぎあわせ、組み合わせるのです。

この私の読書法とは逆の読書法に、コンサルタント的読書法があります。紹介しますね。

そのやり方とは目的を持った読書法のことです。何のために読書をするのか?を明確にし、目的に合致しない情報は切り捨てます。目的志向であり、目的を達成するために情報収集します。

構成も最初から練る場合が多いです。弱点は予期せぬ出会いがないことです。目的から外れた情報は捨てるので、組み合わせがどうしても自分の最初の構成通りになってしまいます。

この弱点を補うには外部の人と議論して、気づくことが挙げられるでしょう。目的志向の読書は成果を最短で上げるには重要です。

私の読書法は予期せぬ出会いを大事にするので、俯瞰図を作ったり、イノベーション的な企画案のときは強力です。スティーブ・ジョブズもカリグラフィーを過去に偶然学んだことが、アップルの飛躍のきっかけとなりました。何が役立つかは将来、分からないのです。

私のやり方の弱点は時間がかかることです。寄り道が多いですし、大量の読書や時間が必要です。しかし、外部の人との議論が少なくて済みます。多少、補足してもらう程度になります。

私の手法はゼネラリストです。

ゼネラリストとは広い範囲を浅くやっている人のことです。私は、スペシャリスト(一つの道を究める専門家)ではなく、深く追求した分野がありません。かなり広く浅くです。ですが、俯瞰図や全体像を描くにはこの手法は合っています。

食っていきたいなら、スペシャリストかパイ型人材でしょう。

一通り、かなり浅く学んだ上に専門分野を1つ持つのが、スペシャリストです。パイ型人材とは多くの分野を浅く学んだ上で、2つの専門分野を持つ人のことです。

スペシャリストとして1つのことを極める道もありですが、それよりも強みを2つ、3つ組み合わせた方が楽です。組み合わせ方によっては独自のポジションに立てます。

私の手法はかなりの記憶力と膨大な読書に耐えられる精神力が必要なので特殊です。まず、膨大な読書をするのが大変ですし、それを記憶して自由自在に引っ張り出すのも大変です。そういう意味で、私のケースは特殊と言えるでしょう。普通の人はどこに書いてあったかや内容も忘れると思います。

また、俯瞰図や全体像の作業の人は必要です。そういう大局的な視点の人がいればスペシャリストの視野の狭さを補えるからです。

スペシャリストは専門家なので視野が狭くなりがちであり、イノベーションのための異分野の組み合わせがしづらいですが、ゼネラリストに聞けば知恵をもらえます。

どちらも必要な人材ですが、食っていくならスペシャリストかパイ型人材でしょう。ゼネラリストは少数しか必要とされません。

全体の方向性を指し示す役割だからです。

どちらの良さも活かすのが大事でしょう。