幸福を追い求める人、さらに、楽しさを追求する人達のビジネス(エニアグラムでいうタイプ7のビジネス)

幸福を最上位に据えている人はほぼ凡人であると、以下の記事で書きました。 ここから、発展させて、楽しさを追求する人達のビジネスについて述べていきます。

人には、二面性、多面性がある。

「人には、二面性、多面性がある」というタイトルで論じたいと思います。 まず、以下の記事で、統計学などの話をしています。 18 一般論と特殊解、主観と客観の話。 19 特殊解の事例とメディアの話。 20 大学受験では論理を重んじ、さらに発展させた統計学の…

最上位層に幸福を据えている人はほぼ凡人

「最上位層に幸福を据えている人はほぼ凡人」というタイトルで論じたいと思います。 「自分の幸福とは何か?」を考える哲学系の人を私は散々、有用性が低いことをしている人と書きました。次は、政治談義です。ちなみに、学問系の分類から選びました。趣味は…

一方向の言葉(つまり、逆はない)

「一方向の言葉(つまり、逆はない)」を紹介していきます。

書評 「日本の人事を科学する」

書評 「日本の人事を科学する」 タイトル通り、日本の人事を、数社の統計データから、科学的に分析している本です。データ分析の本ですね。 私が特に、参考になった箇所を、引用・まとめをします。

私の恋愛論

私の思う「恋愛論」を語ります。 まず、男目線から見ると、女性を「遊び相手、いわゆるセフレなど」、「恋愛相手」、「結婚相手」と3つのフォルダに振り分けて、付き合うパターンがあります。(遊び相手は付き合う約束は交わしていないかもですが)

バイアス。(とスカイプについて)

「自分が〜をよくするので、他人も〜をよくするはずだ」というバイアスがあります。厳密な専門用語を忘れました。 例えば、「自分がよく嘘をつくので、他人も嘘をつく頻度が高いはず」という思考回路になります。

結果主義と肩書や権威について

まず、以下の記事で、結果や肩書や権威について述べています。そして、これだけ書いても分からない人がいるんだろうなぁと予測をしたところ、やはり分からない人がいたというオチでした。 まず、結果を出すのは大事です。仕事などで結果を出してない人は評価…

高橋洋一氏による国債についての解説が秀逸

高橋洋一氏による国債についての解説が秀逸。「99%の日本人がわかっていない国債の真実」の引用・まとめをします。

勝ち負けにこだわり、「何かの能力を持つことが良いこととされるゲーム」を礼賛することが、個人のしんどさを助長するのか?

まず、以下の記事をお読みください。 簡単に要約します。

将棋の先手、後手で勝率が違う理由とは? (個人の趣味的記事)

私は将棋を趣味で、1日に最大で1時間使っています。1回の対局がお互いに持ち時間10分が最大なので、最大の時間の対局でも20分です。20分☓3回(無料は3回まで)で1時間というわけです。

哲学の次に、有用性が低いのが政治談義をしている人

「哲学の次に、有用性が低いのが政治談義をしている人」というタイトルで論じたいと思います。この記事は2日前には書き上げていました。公開しようか、迷いましたが、せっかく書いたので、公開します。 私は、散々、哲学は実用的じゃないと以下の記事などで…

人間は、皆、見ている世界が違う

「人間は、皆、見ている世界が違う」というタイトルで論じたいと思います。 この概念こそが、私たちが一番、理解しなければいけないモノだと私は感じます。

ビットコインについて

ビットコインについて。 まず、以下の動画を見てください。 簡単に要約します。

才能とはいったい何なのか?4

「才能とはいったい何なのか?4」 以下の記事を全部、総合した上で、才能論4を書きたいと思います。

高橋洋一氏による日本の財政問題

高橋洋一氏の「なぜ日本だけがこの理不尽な世界で勝者になれるのか」という本からの引用・まとめです。

日本は財政破綻するのか?

日本は財政破綻するのか?「本当は世界がうらやむ最強の日本の経済」からの引用・まとめです。

借金棒引きで国家破産から立ち直るのか?

2013年の記事です。(未熟なときです) 当時の文章のまま、掲載します。 国家破産をどう定義とするか?で、意味が変わってくる。

書評 「シンプルに結果を出す人の5W1H思考」

書評 「シンプルに結果を出す人の5W1H思考」 Twitterからの書評引用。 「シンプルに結果を出す人の 5W1H思考」4点。タイトル通り、5W1Hで物事を考えていく思考技法である。従来の3Cや4Pより、使いやすいと言う。意外と盲点と私が感じる部分が書かれてい…

「ぱっと読み」で紙の本が電子書籍を上回る。それを克服するには?」

「ぱっと読み」で紙の本が電子書籍を上回る。それを克服するには?」というタイトルを書きました。2013〜2014年くらいの記事かなぁ。当時の文章のまま、掲載します。

進化が全て良いわけではない(追記あり)

進化と聞くと、良いイメージを浮かべる人が多いのではないでしょうか? ですが、私は進化が全て良いわけではないと思っています。 例を挙げていきます。

リクルート、サイバーエージェント型企業が勝ち組への道かもしれない

最強の組織とは、双方向性型組織である 2013年ごろの記事です。(未熟なときです) 当時の原文のまま、掲載します。

抽象度のコントロールは大事

「経営者の教科書」と「シンプルに結果を出す人の5W1H思考」から、私自身がまとめます。 抽象度の高さでいえば、顧客が買うものは以下です。 「満足」→「商品やサービス」→「具体的な商品名やサービス名」です。

林先生が認める教育の新常識2時間SP 林先生が驚く初耳学について

「林先生が認める教育の新常識2時間SP 林先生が驚く初耳学」の番組についてレビューします。

学歴とはそもそも何を意味しているのか?

学歴とはそもそも何を意味しているのか?について、「ホンモノを見分けられる人、お金は転がり込んでくる!」(P57〜62)の本から、まとめてみたいと思います。

教育の最終的な目標

以下の記事で、私が提唱する教育の最終的な目標、人材像が書かれています。 以下、抜粋します。

最善思考

まず、以下の記事をお読みください。 完璧主義をやめる習慣セミナー | 習慣化コンサルティング 東京 港区 簡単に要約します。

私の教育改革の根本に影響を与えそうな記事です

私の教育改革の根本に影響を与えそうな記事です。「今の日本の教育改革のネタ元本」シリーズの記事ですね。 まず、以下の記事をお読みください。 簡単に要約します。

「子供は読めているのか」診断テストを開発 という記事について(大幅追記あり)

まず、以下の記事をお読みください。 https://mainichi.jp/articles/20170923/k00/00m/040/106000c 記事から、一部引用します。 文章を正確に読む力(リーディングスキル=RS)を科学的に診断するテストを、大学入試に挑む人工知能(AI)開発を手がけた…

皆、役割の仮面を被って生きている

「皆、役割の仮面を被って生きている」というテーマで論じたいと思います。