貴重情報

価値が分かるか、分からないかの話。

以前の記事で言及した話の続きです。 以下、抜粋します。

皆、自分のことしか考えていない。

「皆、自分のことしか考えていない。」というタイトルで論じたいと思います。

「実力者に欠陥を指摘されたら、直した方がいい」

「実力者に欠陥を指摘されたら、直した方がいい」というタイトルで論じたいと思います。 実力者とは、定義が難しいですが、一般的には特定の分野(または広範囲の分野や総合力)において、成果や結果を長年出して、ノウハウも情報も蓄積されており、主張の精…

目的を求めることだけが最善の道なのか?

まず、私の以下の記事で「目的って絶対に必要なのだろうか?」というタイトルで論じています。 本題に入ります。「目的を求めることだけが最善の道なのか?」についてです。

一部を見て全体を知ることは間違いか?または一部は全体の何かを表しているとも言えるだろうか?

一部を見て全体を知ることは間違いなことがあると以下の記事で書いています。「人には、二面性、多面性がある」 人には二面性、多面性があるのだから、一部だけを見て全部分かった気にならないほうがいいよという主張でした。

どれだけ多分野に渡って、興味・関心・問題意識を持てるかで、人生の地位・立ち位置が変わる

どれだけ多分野に渡って、興味・関心・問題意識を持てるかで、人生の地位・立ち位置が変わる」というタイトルで論じたいと思います。 まず、このタイトルの意味を紐解いていく前に、以下の知識を前提とするので、解説します。

定量的なものにしか目を向けない人

今回は「定量的なものにしか目を向けない人」というタイトルで論じたいと思います。 世の中には、定量的に数字で測れるものと、定性的で数字で測れないものがあります。 年収や偏差値は定量的ですが、性格(相性の良さ)やコミュ力や創造力などは定性的です。

一方向の言葉(つまり、逆はない)

「一方向の言葉(つまり、逆はない)」を紹介していきます。

勝ち負けにこだわり、「何かの能力を持つことが良いこととされるゲーム」を礼賛することが、個人のしんどさを助長するのか?

まず、以下の記事をお読みください。 簡単に要約します。

皆、役割の仮面を被って生きている

「皆、役割の仮面を被って生きている」というテーマで論じたいと思います。

自己啓発本が大して役に立たない理由

私は以下の記事で、自己啓発本は私の記事を読めば、もうほぼ読む必要はないと書きました。「自己啓発本はなぜ、数冊〜数十冊読めば事足りるのか?」 苫米地英人氏の動画や本で、自己イメージを上げろと言われており、仕事などで成果が出たら、「かなり大げさ…

頑張っている人間が世の中、有利に渡り歩けるという真実

世の中、幸福はすぐに手に入ります。 幸福とは主観的なものですから、今あるものに満足するか、無理しなければ、一時的には幸福感に浸れます。 以下の記事で書きましたが、世の中は、自己評価と他者評価があり、それぞれ別物です。 幸福とは自己評価に大きく…

背水の陣

今回の記事は、以下の記事で、「追い込む」とは具体的にどのような方法論なの?と質問されたので、それに近いテーマ「背水の陣(追い込むこと)」で書くことにしました。 「人間の動機付けは人それぞれだ2」 ちなみに、「追い込む」動機付けとは違う視点か…

この3つを身につければ、仕事人として有能だと見なされます。その3つとは?

2014年〜2015年ごろ、書いた記事かも。 「この3つを身につければ、仕事人として有能だと見なされます。その3つとは?」 仕事人として絶対に身につけておきたい基本要素3つを紹介します。では、書いていきますね。 1つ目は信用を大事にすることです。…

目的って絶対に必要なのだろうか?

目的って絶対に必要なのでしょうか? 目的、目標がない計画や行動は達成されないと言われます。(以下、目的、目標を「目的」と統一します) 理由は目的が明確にならないと、どの時点で達成されたかが不明確になるからです。 何の目的もなく、行動を続けていて…

全て(理論や法則など)を「一般化、普遍化」は良くない。

世の中の法則や戦略などにおいて、「一般化、普遍化」をするのは良くないと私は考えています。 例はたくさんあります。 1 1997年の消費税増税局面(元橋下首相が5%に引き上げ)と、2014年に安倍首相が8%に引き上げた局面では、情勢が異なるのです。 2 元小泉…