貴重情報

皆、自分のことしか考えていない。

「皆、自分のことしか考えていない。」というタイトルで論じたいと思います。

顧客差別は皆、する

「顧客差別は皆、する」というタイトルで論じたいと思います。 前回の記事で、「転職エージェントは顧客差別に近い時間配分を変えることをしている」と書きました。

ある人のブログについて思うこと2(人生は相対主義のゲームの続き)

前のブログの続きの記事です。 前回の記事で、Kと私が称した方が、人生は相対ゲームだと喝破しました。

ある人のブログについて思うこと(世の中は相対主義のゲーム)

ある人のブログを要約します。(この人と私はお互いに、引用元をつけないで、参考にしていると思われます。ある人を今後、Kと呼びます) Kは以下のことを主張しています。(私の解釈も多少、混じります)

「実力者に欠陥を指摘されたら、直した方がいい」

「実力者に欠陥を指摘されたら、直した方がいい」というタイトルで論じたいと思います。 実力者とは、定義が難しいですが、一般的には特定の分野(または広範囲の分野や総合力)において、成果や結果を長年出して、ノウハウも情報も蓄積されており、主張の精…

文字通りに受け取るな!

「文字通りに受け取るな!」というタイトルで論じたいと思います。 「文字通りに受け取るな!」とはその通りの意味です。

目的を求めることだけが最善の道なのか?

まず、私の以下の記事で「目的って絶対に必要なのだろうか?」というタイトルで論じています。 本題に入ります。「目的を求めることだけが最善の道なのか?」についてです。

基準がどこにあるのか?を探る重要性

「基準がどこにあるのか?を探る重要性」というタイトルで論じたいと思います。 世の中の基準といっても、様々です。人、会社、世間などで基準は様々です。 その基準がどのくらいなのか?を探ることは人生の重要テーマだと私は思います。以下に理由を述べま…

一部を見て全体を知ることは間違いか?または一部は全体の何かを表しているとも言えるだろうか?

一部を見て全体を知ることは間違いなことがあると以下の記事で書いています。 人には二面性、多面性があるのだから、一部だけを見て全部分かった気にならないほうがいいよという主張でした。

どれだけ多分野に渡って、興味・関心・問題意識を持てるかで、人生の地位・立ち位置が変わる

どれだけ多分野に渡って、興味・関心・問題意識を持てるかで、人生の地位・立ち位置が変わる」というタイトルで論じたいと思います。 まず、このタイトルの意味を紐解いていく前に、以下の知識を前提とするので、解説します。

定量的なものにしか目を向けない人

今回は「定量的なものにしか目を向けない人」というタイトルで論じたいと思います。 世の中には、定量的に数字で測れるものと、定性的で数字で測れないものがあります。 年収や偏差値は定量的ですが、性格(相性の良さ)やコミュ力や創造力などは定性的です。

一方向の言葉(つまり、逆はない)

「一方向の言葉(つまり、逆はない)」を紹介していきます。

結果主義と肩書や権威について

まず、以下の記事で、結果や肩書や権威について述べています。そして、これだけ書いても分からない人がいるんだろうなぁと予測をしたところ、やはり分からない人がいたというオチでした。 まず、結果を出すのは大事です。仕事などで結果を出してない人は評価…

勝ち負けにこだわり、「何かの能力を持つことが良いこととされるゲーム」を礼賛することが、個人のしんどさを助長するのか?

まず、以下の記事をお読みください。 簡単に要約します。

皆、役割の仮面を被って生きている

「皆、役割の仮面を被って生きている」というテーマで論じたいと思います。

人には天分がある

「人には天分がある」というタイトルで論じたいと思います。 天分とは、「天から与えられた性質・才能・職分」を指します。「天分をわきまえる」という言葉もあります。 以下の記事で、私は当事者意識やプレイヤー意識が大事であり、「管理職になれば管理職…

自己啓発本が大して役に立たない理由

私は以下の記事で、自己啓発本は私の記事を読めば、もうほぼ読む必要はないと書きました。 苫米地英人氏の動画や本で、自己イメージを上げろと言われており、仕事などで成果が出たら、「かなり大げさなぐらい褒める」といいらしく、失敗したら、「自分らしく…

情報収集について。多読か、精読か?

「情報収集について。多読か、精読か?」 情報収集について、述べていきたいと思います。 まず、情報収集については、メディアは本やネットなど何にせよ、膨大に浴びる「多読派」か、きちんと精査して定着を図る「精読派」がいると思います。

「他人は自分をどう見ているか?正確に知るコツ」という記事について(追記あり)

まず、以下の記事を貼ります。「他人は自分をどう見ているか?正確に知るコツ」というタイトルの記事です。 簡単に要約します。(私の解釈も入ってます)

人間を判定するための指標

人間を判定するための指標を私の今までの大量の読書や耳学問などから、仮説としてメモ代わりに書いておこうと思います。

謝罪するのに「金の問題じゃない」のに「金が必要になる」件 (追記かなりしました)

謝罪を求めたり、クレームを入れる人がいたとして、「金の問題じゃない」と言う客がいるとします。 その客は本音でも「金で済む問題じゃない」と思っています。ですが、結局は、金を返還されたり、補償されれば許す気がでてきます。 「謝って許されるなら、…

頑張っている人間が世の中、有利に渡り歩けるという真実

世の中、幸福はすぐに手に入ります。 幸福とは主観的なものですから、今あるものに満足するか、無理しなければ、一時的には幸福感に浸れます。 以下の記事で書きましたが、世の中は、自己評価と他者評価があり、それぞれ別物です。 幸福とは自己評価に大きく…

立場に就いたり、自分事になっても、興味ない場合がある

今回は、「立場に就いたり、自分事になっても、興味ない場合がある」という話について述べます。 まずは、以下の記事を貼ります。 記事から抜粋します。 多次元の話はこれくらいにして、次に視点(立場や打席)の話をします。

情報収集だけで勝てるのか?

まず、私の以下の記事をお読みください。 以下、記事から抜粋します。 さて、知識があるかないかで差がつく段階のことを「情報格差」と言います。次に、知識があるなしの段階を超えて、実行できるかできないかで差がつく段階のことを「実行力格差」と言いま…

理解力という概念

まず、以下の記事をお読みください。 簡単に要約します。 世の中には物事を理解するのに「スタート」から「ゴール」までの過程を理解力と定義するとして、その過程の段階を「どれくらいのステップを踏んで理解するか?」で理解力が測れると書いています。 ス…

世の中は確率論

目次 ボケとツッコミとクリエイターと後付け批判 学問と経営と戦国の世界では求められる精度が異なる 発信する情報に絶対はない それでも仮説を立てるべき ボケとツッコミとクリエイターと後付け批判 「世の中は確率論」 2014年の記事に加筆修正しました。 …

哲学、評価基準などを確立しよう!

目次 哲学、評価基準の定義など 購買などで騙されないために 哲学や評価基準を確立するには? 世間は冷たいという話 哲学、評価基準の定義など 「哲学、評価基準などをきちんと確立しておこう!」 2016年の記事かな。 今回は、哲学、評価基準などをきちんと…

知ることの大切さと怖さ

目次 知ることの大切さ 知ることの怖さ 結論 知ることの大切さ 「知ることの大切さと怖さ」について論じたいと思います。 勉強や読書で人は学び、様々なことを知ることができます。 私の本「今の日本の教育改革のネタ元本」を読めば、人生の全体図・俯瞰図を…

見えている人には見えている世界がある

目次 経験者や知識を得た者だけが知る世界 ホリエモンの例 参考書での独学と授業派の例 私の結論 経験者や知識を得た者だけが知る世界 「見えている人には見えている世界があり、見えてない人には決して見えない」という話題について論じることにします。 世…

背水の陣

今回の記事は、以下の記事で、「追い込む」とは具体的にどのような方法論なの?と質問されたので、それに近いテーマ「背水の陣(追い込むこと)」で書くことにしました。 ちなみに、「追い込む」動機付けとは違う視点から述べた記事が、以下です。 では、「…