文章術など

「ぱっと読み」で紙の本が電子書籍を上回る。それを克服するには?」

「ぱっと読み」で紙の本が電子書籍を上回る。それを克服するには?」というタイトルを書きました。2013〜2014年くらいの記事かなぁ。当時の文章のまま、掲載します。

抽象度のコントロールは大事

「経営者の教科書」と「シンプルに結果を出す人の5W1H思考」から、私自身がまとめます。 抽象度の高さでいえば、顧客が買うものは以下です。 「満足」→「商品やサービス」→「具体的な商品名やサービス名」です。

単に、読書している人を絶対視、尊敬するなという話

世の中には多読家がいます。 以下の記事を貼ります。 芦田愛菜ちゃんは年間300冊以上、読むそうです。 私も、ビジネス書7000冊読破(小説100〜200冊と、立ち読み含む)から言えば、多読家に入るでしょう。

著作権、引用などの話

まず、以下のちきりん氏の記事を読んで欲しいです。 ネット時代の必須常識 「知財」の入門書 - Chikirinの日記 ちきりん氏が、引用のルールをきちんと説明しています。 そして、私の文章スタイルはどうやら、完全な引用ルールには沿っていないようです。 「…

私の執筆法

目次 アイデア頭と執筆時間 執筆物は一種の芸術品 生産性の差 読者層を決めることの難しさ アイデア頭と執筆時間 私の執筆法を今回は紹介したいと思います。 まず、大げさに言えば、24時間アイデア発想頭になっていますし、インプット時間もかなり多い日常を…

私の文章は下手なのか?

私の文章は下手でしょうか?最近、悩み始めています。 私は今まで、文体をそこまで重要視してきませんでした。というのも、文体よりも言っている内容が濃ければ(独自性、目新しさ、重要度など)、読者は満足してくれると信じていたからです。 ですが、最近、…