就活

転職エージェントのインセンティブに注意せよ

「転職エージェントのインセンティブに注意せよ」というタイトルで論じたいと思います。 もしかしたら、今回の記事は転職者にとっては常識なのかもしれません。私が知らなかっただけで。この話題は、ある転職希望者20代のITの社会人男性(以下、Fと呼びます)…

教育の最終的な目標

以下の記事で、私が提唱する教育の最終的な目標、人材像が書かれています。 以下、抜粋します。

企業の採用試験で取り入れるといい案3 

前回の記事が以下です。 続きを書きます。2012年~13年ぐらいの記事かなぁ。(未熟なときです) 「新聞の進化形への反論?にさらに反論」

企業の採用試験で取り入れるといい案2

前回の記事は以下です。 今回の記事も2012〜2013年ごろかなぁ。(未熟なときです)

企業の採用試験で取り入れるといい案

企業では、SPIなどの適性試験や複数に渡る面接や小論文など、たくさんの選抜があります。 Googleでは、過去に「全世界でピアノの調律師は何人いますか?」というフェルミ推定の問題など出されています。

仕事は基本的にこの3種類

「仕事は基本的にこの3種類」というタイトルで書きます。 1 「頭脳系」 頭脳を使う仕事。 IT系や、コンサルタントやアナリスト、学者や研究者や官僚など多数。 2 「精神系」 神経、精神を消耗する仕事。 営業や、接客や、運転系など。 3 「体力系」 体力…

職業選びのコツについて。

目次 職業選びのコツ 私の事例 好きや情熱などの前向きな言葉を使わない理由 職業選びのコツ 「才能とはいったい何なのか」の3つの記事や他の記事も総合的に加味して、私なりの職業選びのコツを伝授します。 まず、人のことはともかく、自分が選んだ職業・職…

「キュレーターが就活本の読書ガイドを書くとしたら」4

3からの続き、4です。 有料note記事(だった)の一般公開です。私の有料記事では質の面では下位のほうだと思いますが、私の有料執筆物がどれくらいのレベルなのか判断してもらう意味で公開することにします。(紹介している本が古いという理由もあって、有料で…

「キュレーターが就活本の読書ガイドを書くとしたら」3

2からの続き、3です。 有料note記事(だった)の一般公開です。私の有料記事では質の面では下位のほうだと思いますが、私の有料執筆物がどれくらいのレベルなのか判断してもらう意味で公開することにします。(紹介している本が古いという理由もあって、有料で…

「キュレーターが就活本の読書ガイドを書くとしたら」2

1からの続き、2です。 有料note記事(だった)の一般公開です。私の有料記事では質の面では下位のほうだと思いますが、私の有料執筆物がどれくらいのレベルなのか判断してもらう意味で公開することにします。(紹介している本が古いという理由もあって、有料…

「キュレーターが就活本の読書ガイドを書くとしたら」1

「キュレーターが就活本の読書ガイドを書くとしたら」 有料note記事(だった)の一般公開です。私の有料記事では質の面では下位のほうだと思いますが、私の有料執筆物がどれくらいのレベルなのか判断してもらう意味で公開することにします。(紹介している本が…