コミュ力系

相手を受けいれることで対話は継続できる

「相手を受けいれることで対話は継続できる」というタイトルで論じたいと思います。 以下の本「生産性マネジャーの教科書」のP168〜174の抜粋をします。(タイトルもそこから取りました)

人は基本的に相手の話を聴きたがっていない件について(追記あり)

まず、以下の記事をお読みください。

コミュ力 決定版論考(追記あり)

私はコミュ力について、散々、私見を述べてきました。

話す相手を選ぶのに気をつけるべきだが、見極めるのが難しい

「話す相手を選ぶのに気をつけるべきだが、見極めるのが難しい」というタイトルで論じたいと思います。

コミュ力はどれくらい必要か?

私が言うまでもなく、昨今の傾向では企業が従業員などにコミュ力を求める傾向が高まっています。

本性が表れるのは余裕がないとき

今回の記事は、前回の記事からの続きです。 世の中には不満を覚えるイライラ厨がいるという話をしました。

コミュ力が上がりそうな記事を3つ見つけたので、紹介します。

コミュ力が上がりそうな記事を3つ見つけたので、紹介します。 まず、1つ目は以下です。「他人軸から自分軸へ。「敏感すぎる人」が自己肯定感を高めるためのコツ」というタイトルです。

世の中には不満を覚えるイライラ厨がいる

「世の中には不満を覚えるイライラ厨がいる」というタイトルで論じたいと思います。 この事例は3例あります。詳しい人物像は挙げませんが、3人知っています。

「尊敬と尊重は違う。人間関係の基本」

「尊敬と尊重は違う。人間関係の基本」というタイトルで、論じたいと思います。 まず、以下の記事をお読みください。

自分の話をする男性は「自分の話をしない人よりつきあいやすい!」という記事について

まず、以下の記事をお読みください。 簡単に要約します。 自分の話をする男性は「自分の話をしない人よりつきあいやすい!」と記事では結論づけています

プレゼンテーション力とはいったい何なのか?

「プレゼンテーション力とはいったい何なのか?」について述べていきたいと思います。 仕事をする上で、不可欠とプレゼンテーション力は思われているのでしょうか?

面接で本当に人を見極められるのか?

まず、以下の記事をお読みください。 簡単に要約します。

知識をつけたからといって、解決へとすぐに向かうわけではない

「知識をつけたからといって、解決へとすぐに向かうわけではない」というタイトルで論じたいと思います。 20代社会人女性が「人間関係」で悩んでいるので、私がアドバイスをしたところ、劇的に改善したという話を以前しました。他の記事でも話題に出していま…

バイアス。(とスカイプについて)

「自分が〜をよくするので、他人も〜をよくするはずだ」というバイアスがあります。厳密な専門用語を忘れました。 例えば、「自分がよく嘘をつくので、他人も嘘をつく頻度が高いはず」という思考回路になります。

飲みニケーションについて

fまず、以下の記事から、飲みニケーションの部分について、引用します。

コミュ障嫌いというひろゆき自身がコミュ力ないと思う2

前回の記事の続きです。前回の記事は長めでしたので、分割したいと思います。 まず、以下の動画を見てください。 ひろゆきは「他人と関わりたくない」そうです。レジや、ピンボーンというコミュニケーションも嫌だそうです。1人で外食するのも嫌だそうです…

コミュ障嫌いというひろゆき自身がコミュ力ないと思う

まず、以下の動画を見てください。「コミュ力ない奴、マジ勘弁」というひろゆきの動画です。 簡単に要約します。(私の主張も混じってます)

上司や同僚の能力が低くても、自分の能力が高ければ何とかなるかもしれない話

「上司や同僚の能力が低くても、自分の能力が高ければ何とかなるかもしれない話」というタイトルで述べていきます。 まず、能力が高いとは、「理解力が高く、情報量が多く、アウトプット力が高い」ことと仮にします。(他にもいろいろあるでしょうが、今回の…

最適化するために、聴覚、視覚、鍛えよう

まず、以下の記事で、認知特性について書いています。 次に、最適化、適応化ということについて、以下の記事で書いています。 要は、視覚派の人は文字ばかり読んで、文字に慣れ過ぎなので、意識して聴覚も鍛えようという話です。(私の事例です)

ポジショントークと自己中の特徴

度々、話題に上がっているMARCHの2人ですが、Koukihという男が、以下の投稿をしました。 これは、以下の記事2つへのブックマークでのコメントです。「若者に言いたいことは学歴バカを黙らせるために、一度は銘柄大学に受かっておくべしということ」と「立…

人は肩書を見る生き物である

「人は肩書を見る生き物である」というテーマで論じたいと思います。 まず、私の例から言います。以下の記事で、20代前半の女性社会人を上手く誘導させて、成果を出させたと書きました。他にも、Aという人物は私の言うことを聞かないとも書きました。

「人間とは値踏み、比較する生き物である」

「人間は値踏み、比較する生き物である」というテーマで論じたいと思います。 まず、比較から説明していきます。 人間は比較するからこそ、自身を区別できます。極端な話、地球に自分1人しかいなかったら、自分が人間ということさえ、認識できないかもしれ…

押しの強い人への対処法

目次 押しの強い人の前書き 私の事例 押しの強い人の真実 私の話など 押しの強い人のテクニック 押しの強い人の前書き 世の中には「押しが強い人」がいます。そして、押しが強いことに罪悪感を感じない人さえいます。 押し売りという言葉があるように、セー…

適応する現象

目次 事例1,2 事例3 事例4 事例5 事例1、2 適応する現象 人間は適応する生き物です。「最適化、適応化理論」の記事でも触れましたが、さらに詳しい具体例で見ていきましょう。 事例を見ていきましょう。 1 感覚が鈍る現象。 普段、文章を書いている人があ…

「最適化、適応化理論」

目次 「最適化、適応化理論」の概要 私の事例など 「最適化、適応化理論」の概要 「最適化、適応化理論」 私の今までの経験と読書などを基に、「最適化、適応化理論」という説を紹介したいと思います。 最適化とは、くだけて言えば「~脳」になるとでも言い…

「人は人、自分は自分」で割り切れるのか? 厳密版

「人は人、自分は自分」という言葉があります。ある意味、割り切りが大事であり、「人それぞれ、人生観、価値観は違うんだよ」と諭している言葉です。 人間理解の上で、この思想は重要です。この割り切りができないと、自分の価値観が絶対となり、宗教となり…