リクルート、サイバーエージェント型企業が勝ち組への道かもしれない

最強の組織とは、双方向性型組織である 2013年ごろの記事です。(未熟なときです) 当時の原文のまま、掲載します。

抽象度のコントロールは大事

「経営者の教科書」と「シンプルに結果を出す人の5W1H思考」から、私自身がまとめます。 抽象度の高さでいえば、顧客が買うものは以下です。 「満足」→「商品やサービス」→「具体的な商品名やサービス名」です。

林先生が認める教育の新常識2時間SP 林先生が驚く初耳学について

「林先生が認める教育の新常識2時間SP 林先生が驚く初耳学」の番組についてレビューします。

学歴とはそもそも何を意味しているのか?

学歴とはそもそも何を意味しているのか?について、「ホンモノを見分けられる人、お金は転がり込んでくる!」(P57〜62)の本から、まとめてみたいと思います。

教育の最終的な目標

以下の記事で、私が提唱する教育の最終的な目標、人材像が書かれています。 以下、抜粋します。

最善思考

まず、以下の記事をお読みください。 完璧主義をやめる習慣セミナー | 習慣化コンサルティング 東京 港区 簡単に要約します。

私の教育改革の根本に影響を与えそうな記事です

私の教育改革の根本に影響を与えそうな記事です。「今の日本の教育改革のネタ元本」シリーズの記事ですね。 まず、以下の記事をお読みください。 簡単に要約します。

「子供は読めているのか」診断テストを開発 という記事について(大幅追記あり)

まず、以下の記事をお読みください。 https://mainichi.jp/articles/20170923/k00/00m/040/106000c 記事から、一部引用します。 文章を正確に読む力(リーディングスキル=RS)を科学的に診断するテストを、大学入試に挑む人工知能(AI)開発を手がけた…

皆、役割の仮面を被って生きている

「皆、役割の仮面を被って生きている」というテーマで論じたいと思います。

企業の採用試験で取り入れるといい案3 

前回の記事が以下です。 続きを書きます。2012年~13年ぐらいの記事かなぁ。(未熟なときです) 「新聞の進化形への反論?にさらに反論」

企業の採用試験で取り入れるといい案2

前回の記事は以下です。 今回の記事も2012〜2013年ごろかなぁ。(未熟なときです)

企業の採用試験で取り入れるといい案

企業では、SPIなどの適性試験や複数に渡る面接や小論文など、たくさんの選抜があります。 Googleでは、過去に「全世界でピアノの調律師は何人いますか?」というフェルミ推定の問題など出されています。

飲みニケーションについて

fまず、以下の記事から、飲みニケーションの部分について、引用します。

自動運転車は売れないし、作れない?

まず、以下の動画を見てください。 簡単に要約します。

私の人生哲学

私の人生哲学は、今、だいたい固まってきています。 まず、一つ目は「ベストを尽くすこと」です。これは私の座右の銘「人事を尽くして天命を待つ」ともかぶります。ベストを尽くし続けたなら、もはや後悔がありません。やはり、ずっと頑張ってきた人生を送る…

私は実用主義者である

私は実用主義者です。 実用主義とは、プラグマティズムと言われているようです。

理想の状態に持っていくには? (家庭編)

まず、理想の状態を以下とします。 子どもが自主的に勉強をし、成長し、育つこと。目標設定も自分でし、自分で試行錯誤し、もがきながら解決していけること。 そして、現状は以下とします。

何を重要だと思うかの視点は人それぞれ違う2

何を重要だと思うかの視点は人それぞれ違うという記事を前回、書きました。 今回はその続きです。

私の子育て論

私は、子育てをしたことがありませんが、姪っ子や、知り合いの子どもなどを見てきて、感じたことを書きます。 人間は「いつ、学業や夢などに向かって目覚めるか?」によって、天才、秀才、凡人など到達できる地点が変わってきます。

書評・レビュー 東野圭吾作「マスカレード・ナイト」

東野圭吾作の「マスカレード・ナイト」のレビュー・書評を書きたいと思います。 星をつけるとしたら、4.5点。(5点満点中) 読了するのに4時間ぐらいかかったと思います。1日で読み終えました。

私がブログを書く理由

私がブログを書く理由を書きます。 1 パクられるのなら、公開してしまおうという動機。 以下の記事で、私はパクられていると訴えています。 2つ目の記事で、Shinさんは「世の中に絶対はない」から「世の中に完璧はない」とTwitterで言い直していました。…

分かっているのにできないという話

「分かっているのにできない」という段階を実行力格差といいます。 以下の記事から引用します。

ホリエモンの自動車産業の見方について私が思うこと

まず、以下の動画を見てください。 簡単に要約します。

コミュ障嫌いというひろゆき自身がコミュ力ないと思う2

前回の記事の続きです。前回の記事は長めでしたので、分割したいと思います。 まず、以下の動画を見てください。 ひろゆきは「他人と関わりたくない」そうです。レジや、ピンボーンというコミュニケーションも嫌だそうです。1人で外食するのも嫌だそうです…

パクる人、多すぎる2

前回の記事で、ほとんど、言い尽くしてしまいましたが、今回、新たなパクリ記事を発見したので、紹介しようと思います。 まずは前回の記事を紹介します。

自分の価値(評価)基準から人は判定するという話

自分の価値(評価)基準から人は判定するという話をしたいと思います。 以下の記事で、自分の哲学、評価基準を確立しようと述べました。 哲学や評価基準が確立されていないと、ブレるから、作ったほうがいいという話でしたね。

書評「世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?」と私の意見

書評「世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?」と私の意見 この記事をお読みください。

日本の英語教育は陰謀だった? 英語の陰謀を解き放つ方法

「日本の英語教育は陰謀だった? 英語の陰謀を解き放つ方法」 2015年頃の記事かなぁ。当時の文章のままです。

朝令暮改について

まず、以下の記事をお読みください。 次の動画も見てもらえれば。 簡単に要約します。

コミュ障嫌いというひろゆき自身がコミュ力ないと思う

まず、以下の動画を見てください。「コミュ力ない奴、マジ勘弁」というひろゆきの動画です。 簡単に要約します。(私の主張も混じってます)