相手を受けいれることで対話は継続できる

「相手を受けいれることで対話は継続できる」というタイトルで論じたいと思います。 以下の本「生産性マネジャーの教科書」のP168〜174の抜粋をします。(タイトルもそこから取りました)

常に過去の自分と競争すべき(追記あり)

まず、以下の記事を読んで下さい。 簡単に要約すると、人生とは、自分との闘いと、相手との闘いの2つに大きく分けられるという話です。

「書評 問題解決大全」

「書評 問題解決大全」

「書評 鉄壁のリスクマネジメント」

「書評 鉄壁のリスクマネジメント」

「問題解決を汎用性という視点から考えてみる」

「問題解決を汎用性という視点から考えてみる」というタイトルで論じたいと思います。

休む勇気

「休む勇気」というタイトルで論じたいと思います。

「問題解決を、医者や起業家の視点から説明してみる」

「問題解決を、医者や起業家の視点から説明してみる」 タイトル通り、問題解決を医者や経営コンサルタンとという視点から説明してみますね。

「主観が強い人と客観が強い人」

「主観が強い人と客観が強い人」というタイトルで論じたいと思います。

「グリーンスムージーダイエットの危険性」

「グリーンスムージーダイエットの危険性」というタイトルで論じたいと思います。

お笑い界について思うこと エニアグラム編

「お笑い界について思うこと」というタイトル記事で論じたいと思います。

「生活レベルを上げないで生きていける耐性を身につける」

「生活レベルを上げないで生きていける耐性を身につける」というタイトルで論じたいと思います。

俺のモノは俺のモノ、お前のモノも俺のモノのジャイアン的思考のTV局

「俺のモノは俺のモノ、お前のモノも俺のモノのジャイアン的思考のTV局」というタイトル記事で論じたいと思います。

「書評 大前研一デジタルネイティブ人材の育て方」

「書評 大前研一デジタルネイティブ人材の育て方」 Twitter書評は以下です。 「大前研一 デジタルネイティブ人材の育て方」 3.5点。1728円とそこそこ高いが、読む価値はある。第2章が個人的にはいらなかったかも。第1章の大前さんの論考と、第3章のサイバー…

はてな系からのアクセスゼロ。

はてな系からのアクセスゼロ。

メディアらの監視は100%事実2 監視によって得たもの

前回の記事は以下です。 前回の記事の肝を書くと、「尾行、盗聴、ハッキングまでは100%の事実であり、盗撮は90%の事実」という点です。

拡散希望 「メディアらの監視は100%事実」

「メディアらの監視は100%事実」というタイトルで論じたいと思います。 陰謀論系の記事は今までたくさん書いてきました。私のブログの検索窓か、陰謀論の項目から、興味ある方は辿ってください。

「書評 ワトソンで体感する人工知能」

「書評 ワトソンで体感する人工知能」

人間界では相対的能力が重要という話

まず、以下の動画を見てください。 簡単に要約します。

アスリート的生き方が最強な訳

「アスリート的生き方が最強な訳」というタイトル記事で論じたいと思います。

「経済人はエニアグラムでいう「成果主義者」が典型例である。」

「経済人はエニアグラムでいう「成果主義者」が典型例である。」というタイトルで論じたいと思います。

自分の感覚を信じずに、採用、マネジメント、起業などする奴のヤバさ

まず、以下の動画を見てください。 簡単に要約します。

「優秀すぎると嫉妬されるという話」

「優秀すぎると嫉妬されるという話」というタイトルで論じたいと思います。 まず、以下の記事をお読みください。

天才の創造性と性格のギャップが異常という動画について

「天才の創造性と性格のギャップが異常という動画について」というタイトルで論じたいと思います。 まず、以下の動画を見てください。

本物とは何か?

「本物とは何か?」というタイトルで論じたいと思います。

人は基本的に相手の話を聴きたがっていない件について(追記あり)

まず、以下の記事をお読みください。

占いを信じている時点でダメ人間

「占いを信じている時点でダメ人間」という新年早々、過激な発言で論じたいと思います。 まず、以下の記事をお読みください。

コミュ力 決定版論考(追記あり)

私はコミュ力について、散々、私見を述べてきました。

TV局はサイコパス

TV局はサイコパスという話題で論じたいと思います。

書評「「学習する組織」入門」

書評「「学習する組織」入門」 Twitter書評は以下です。 「「学習する組織」入門」 3.5点以上。原著の翻訳版は読んだことがない。本書は、日本人による入門書のようだ。著者の小田理一郎氏は、マンガ版も出している。(マンガは読んだことがない) 役立つ箇…

「万能感を持つ人の気持ちが少し分かった気がする」

「万能感を持つ人の気持ちが少し分かった気がする」というタイトルで論じたいと思います。