認知的不協和(追記あり)

まず、以下の記事をお読みください。

 

認知的不協和とは? 酸っぱい葡萄 甘いレモン 意味と具体例

 

人は自分の信念や、それまでの行動内容とは矛盾する、"新しい事実"を突きつけられると、"不快な感情"を引き起こします。その結果、自分の信念や行動と、"新しい事実"のどちらか一方を否定して、矛盾を解消しようとします。これを認知的不協和と呼びます。そのとき、信念を変えることが困難な場合、人は"新しい事実"の方を否定しようとします。

 

とあります。

 

「Aが手に入らないからAには価値が無い」

「Aができない」という自力で変えられない状況下で、「むしろAしないほうが良いのだ」と現状を正当化する方向に解釈することにより、精神的な負担を軽くする心理現象。

 

とあります。

 

「Aしか手に入らないからAには価値がある」

「Aをやめられない」という逃げられない状況下で、「むしろAをしたほうが良いのだ」と現状を正当化する方向に解釈することにより、精神的な負担を軽くする心理現象。

 

とあります。

 

【まとめ】

 

1 「Aが手に入らないからAには価値が無い」(酸っぱい葡萄)

2 「Aしか手に入らないからAには価値がある」(甘いレモン)

3 信念が強いほど矛盾した事実を受け入れ難い。

 

具体例を挙げます。

 

1 私の承認、評価が得られない人は、私には価値がないのだと思い込みます。私のこのブログは価値がないのだ、私は無能なのだ、よって私から評価を受けなくても全然かまわないとなります。または、妄想を言っているだけだとなります。

 

2 大学受験や知性だけが誇りだから、それには価値があると思い込みます。ビジネスの世界やコミュ力欠如は無視です。

 

3 大学受験を信奉してきた人は、「大学受験は重要性が薄いとか、大学受験制度が変わるという事実」に対して、不快な感情を引き起こすということです。そういう人は、「大学受験は重要性が薄いというのは間違いなのだ」や、「大学受験制度が変わっても失敗に終わるだけだ」という見方にしがみつきます。または、官僚、弁護士、学者、文系学問を信奉しているので、それらが否定されると不快な感情を引き起こします。

 

ちなみに、センター国語を主に批判しています。(早稲田の現代文や東大の現代文はまだそこまで研究していません。ですが、古文・漢文はコンテンツとしては文学部限定でいいと思います) 歴史系科目はコンテンツの重要性は薄いですが、暗記力などのノウハウ力は高まります。英語は民間試験にしたほうが良さそうです。理系は実用性が高い科目が多いでしょう。

 

世の中には茂木健一郎氏やホリエモンのように東大に入ったのに、自身を否定できる人さえいます。または、池田信夫氏のように文系学問をかなり極めたのに、それを否定できる人もいます。彼らは認知的不協和に陥っていないのです。

 

続きを読む

200記事達成!

最初の記事を2017年3月31日に書いてから、8月1日で200記事を達成することができました。

 

3月31日を4月からと置き換えて、8月1日を7月31日と置き換えると、4、5、6、7月の4ヶ月間で200記事達成したことになります。

 

約4ヶ月で200記事を達成ということは、31日☓4と単純に計算すると、124日ということになります。

 

ま、1日1記事以上は確実に書いてきた計算になります。さすがに、1日2記事まではいきませんでしたが。

 

けっこう質の高い記事を短期間で量産してきたと自負しています。

 

あとは、このブログ自体をどのような方向に着地させるか?ですね。1日に50〜100アクセスぐらいしか来ていませんから。

 

一度、ブレイクや注目されたら、一気に知名度が上がったり、知名度が上がっても、耐えられるだけの質は担保しているつもりです。

 

ま、もっと上を目指します。数値、数学に強くなり、データ分析系の記事も書けるようになれば、質はさらに上がるでしょう。

 

読者の皆さんを有利に生きられる手助けをできることを願って。

 

以上です。

「ブルゾンちえみ 「藤井四段が好き」と告白」の記事について私が思うこと。

まず、以下の記事を貼ります。

 


ブルゾンちえみが「藤井四段を好き」だと告白した記事です。さらに「大人しい人が好き」だとも言っています。

 

続きを読む

1人でほぼ全てやっている私と、チームを組んでやっている会社や成功者

今回のテーマは「1人でほぼ全てやっている私と、チームを組んでやっている会社や成功者」です。

 

私は1人でほぼ全てやっています。

 

1 記事作成。ブログの文章は全部、私が1人で書いています。情報収集も本やネットから行い、ネタを集めて、全部、1人で書いています。

 

2 ブログデザイン。骨格は外注しましたが、その後は全部、自分でデザインを行なっています。最近は、デザインは手を抜いています。

 

続きを読む

ポジショントークと自己中の特徴

度々、話題に上がっているMARCHの2人ですが、Koukihという男が、以下の投稿をしました。

 

f:id:yababiji2:20170731120902p:plain

 

これは、以下の記事2つへのブックマークでのコメントです。「若者に言いたいことは学歴バカを黙らせるために、一度は銘柄大学に受かっておくべしということ」と「立場論を用いて議論しようとする者の愚かさ」です。

続きを読む

災い転じて福となす 

今回のテーマは格言「災い転じて福となす」です。

 

意味は「身にふりかかった災難を、うまいこと活用して、そのまま自分に役立つものとして利用するさま」です。

 

私の事例は以下です。

 

続きを読む

ドメインパワーがかなり上がっていた! (失敗記録)

ドメインパワーについては以下の記事で触れています。

 


ドメインパワーのPAGE AUTHORITYがなんと、39にあがっていました。

 

以下の証拠を貼ります。

 

f:id:yababiji2:20170730081339p:plain

 

ヒトデさんは38だそうです。(昔だから、今は上がっているかも)

 

私のブログも着実に実力を上げてきたようです。(お金に全然、つながっていないのが悲しいですが。。。)

 

ドメインパワーと比較して、アクセス数はかなり少ないです。以下に貼ります。

 

f:id:yababiji2:20170730185024p:plain

 

1日に50アクセスぐらいしか、最近ないんですよ。明らかにドメインパワーと比較して少なすぎませんかね? 

 

と書いていたら、独自ドメインじゃないと、この審査は意味がないと知りました。はてななどのドメインがある人は、判定できないようです。同じ勘違いをしている人がいる可能性を考えて、失敗記録として残しておきます。デジタルネイティブじゃない人はこういう系に弱い。。。

  

以上、報告記事でした。

 

研究記事。

人間は過ちを何度も繰り返す。だから他人の失敗集である歴史から学ぶ価値がある。

「人間は過ちを何度も繰り返す。だから他人の失敗集である歴史から学ぶ価値がある。」というタイトル通りのテーマで論じたいと思います。

 

人間って、過ちを何度も繰り返します。そして、その過ちの大半は、過去にだいたい他人が似たようなことで既に失敗しているんですよね。

 

だから、過ちを繰り返さないためにも、他人の過去の失敗集である歴史から学ぶことは大いに意味があります。

 

過去の他人だけでなく、現在の他人の失敗を反面教師とするだけでも大いに意味があります。「人の振り見て我が振り直せ」です。

 

続きを読む

Shinさんのアウトソース2.0は私には合わないかな

まず、以下の記事をお読みください。

 

 

簡単に要約します。

 

「自分にはできないこと、やりたくないことを外注化すること」をアウトソースといいます。

 

従来のアウトソースは金がかかりました。「文字起こし」や「はてなブログからWordPressなどへの移行作業」などです。

 

従来の金がかかるアウトソースはクラウドソーシングなどが流行ったように、前からありましたが、Shinさんは自分の影響力を利用して、無料で外注化することを思いつきました。それが「アウトソース2.0」です。

 

Shinさんの手法は、上の記事で詳しく書かれていますので、ぜひ読んでください。

 

私はShinさんの手法は自分には合わないと思いました。なぜなら、音声として喋り、アウトプットするよりも、文章で書いているうちにアイデアが拡散して浮かぶことが多いからです。

 

続きを読む

パクる人、多すぎる (毒舌、暴露記事ですので、ご注意を)

今回の記事のタイトルは「パクる人、多すぎる」というものです。

 

具体的に説明していきましょう。

 

まず、私の本「今の日本の教育改革のネタ元本」は2013年頃から、書き始めましたが、その頃から、私のビジネス書の多読の最中に、所々、パクられたと思う内容が頻発しました。

 

私のその他の自著でも同じようなことが頻発しました。

 

書いた本人が内容を一番分かっていますから、パクられたかどうかは一番よく分かります。ビジネス書の多読の最中にかなり頻繁に見つけていました。そして、私の方が時間軸でアイデア発想が速いのです。

 

なぜ、「今の日本の教育改革のネタ元本」というタイトルにしたのかは?は、他の記事でも書きましたが、ネタ元にされているという、つまりパクられているという嫌味や反抗的な意味も込められているのです。

 

世の中の学者系の人でさえ、人のアイデアなのに、ネタ元にして、自分の業績、手柄にするのは日常茶飯事です。

 

実際、ブロガーの中にも、私の現在の公開中の記事をネタ元にしたと思われる記事を見つけています。

続きを読む