読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「今の日本の教育改革のネタ元本5 第8章」(ネタ元本3には第7章と第8章が入ってます)を無料で公開します。

目次

  
  1. 日本の大学受験の最大の問題点
  2. 「プロの知的生産術」からの引用・まとめ
  3. 「「超」一流コンサルタントが実践する情報を「知恵」に変えるトレーニング」のまとめ
  4. 「感性仕事術」からの引用・まとめ
  5. マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかったいい努力」のまとめ
  6. 現代文の試験の致命的な弱点

 

日本の大学受験の最大の問題点

  

「今の日本の教育改革のネタ元本5 第8章」(ネタ元本5には第7章と第8章が入ってます) を無料で公開します。無料で読んでもらい、内容が良いと思ったなら投げ銭(100円でnoteで公開中。あくまであなたの意思です)してもらいたいと思います

 

noteの投げ銭をしたい方は、以下の記事か、HP上のリンク先からnoteに飛んでください。

第8章「日本の大学受験の最大の問題点」

 

適材適所で人材を活かすことが教育の最終目標だと述べました。その中でも、イノベーターは特に重要な位置づけです。

 

ここからは、日本の大学受験の最大の問題点を挙げていきます。

 

「東大主席弁護士が実践!誰でもできる<完全独学>勉強術」という本を参考にさせてもらいました。

 

 

著者の実績・キャリアはものすごいです。東京大学法学部に合格し、さらに主席で卒業。卒業後、財務省に入省。大学3年時に司法試験合格。現在は、弁護士として活躍。著者の事例から、大学入試の問題点が浮かび上がりました。

 

著者は、自分の能力「読む、書く、聞く、話すの4つの能力」のうち、5段階で自己評価すると、読む=5、書く=3、聞く=4、話す=1と言っています。

 

「読む」「聞く」というインプットは高評価ですが、「書く」「話す」というアウトプットが低評価。つまり、インプット偏重です。

 

さらに、「書く」といっても、著者が得意なのはインプットした情報をそのまま転写するように書くことです。創造的にゼロから文章を書くことは得意ではないと述べています。

 

著者には失礼ですが、大学受験がインプット偏重者にかなり有利な試験であることは明らかだと思います。弁護士としては有能なのでしょう。イノベーターとは毛色が違うと感じます。

 

現代文、古文、漢文のマーク式は論外ですが、記述式でさえ、創造的に文章も内容も磨く行為が求められません。英語は、インプット偏重はある意味、やむを得ません。日本人が英語を母国語のように使いこなすのは至難の業です。

 

TOEFLでは、4技能の全てを求められますが、そうはいっても、英語のネイティブには敵いません。大学受験は学問の素養を見ており、成功要因の一つ、ビジネス適性は見ていないと述べました。それはいいでしょう。学問の素養を見て、学問の道に進む者もいるし、学問がビジネスに活かせる場面も多少はあるからです。

 

ですが、学問の最大の関門は論文です。学者として評価されるには論文であり、アウトプットです。もしくは研究だけでなく、授業をする際にも、話す力は必要です。

 

アウトプットがかなり求められるのです。なのに、大学受験がアウトプット能力を見ていないのはマズイのではないか?という素朴な疑問なのです。

 

著者は極端な例かもしれませんが、著者のような人が最高の実績を得ています。(弁護士としては有能なのでしょうが、その他は不明です)

 

アウトプットを見る試験に変えないと、大学受験は学問の素養さえ見ることができないのではないか?と危惧しています。小論文は絶対に課すべきです。あとは、面接です。

 

コミュ力も成功の要因の一つですが、そこまでの世渡り力は大学受験では見なくていいでしょう。ですが、最低限のノンバーバルやアウトプット力は見るべきです。著者の本から、このような問題意識が浮かび上がりました。

 

ただし、課題はあります。受験生が多いので、手間がかけられないのです。限界があります。マーク式に偏るのもそのせいです。他にも、マーク式を採用する大学が多いのは、小論文だと受験者が減り(慶應の事例)、受験料が徴収できないという理由もあります。小論文、面接は手間がかかります。

 

今、考える力(思考力)とかいうような大学受験改革が行われようとしています。インプット偏重が多少、改善するのは良いと思いますが、ペーパー試験でどれだけ測れるか?が問題です。理系の場合、従来の試験でも、ある程度、測れていたはずです。

 

文系の場合、どうなるのでしょうか?記述式で、しかも答えが一つではない問題で、さらに採点者の力量が問われる問題を作らないと思考力は見ることができないので、点数化や偏差値による序列化とは相いれない問題になると思われます。

 

よって、公平さが消えます。上から点数の高い順に大学側が合格させるという形式となじまないのです。思考力を測るには、思考過程が文章化されている必要があります。また、答えだけが合っているだけではダメです。

 

答えはそもそも一つではないのが世の中であり、それを試験にも反映させようという試みなのだとしたら、答えは採点者の力量に左右されますから、公平ではなくなります。

 

ビジネスコンテストや、作家の賞などと同じで、プロが採点し、しかも評価が多少ばらつくという形式が思考力を測る手段とは相性がいいのです。この思考力というテーマについては、第14章でまた取り上げます。

 

続きを読む

政治家、経営者に向かない人とは?

目次

  
  1. 「3つの仕事の道」
  2. 「政治家、経営者に向かない人とは?」への答え
  3. 「経営者や政治家選抜をするコツ」

 

「3つの仕事の道」

  

「政治家、経営者に向かない人とは?」どのような人でしょうか?それへの答えを示す前に、まずは次の話を読んでください。

 

人は「3つの仕事の道」を選ぶことができます。

1つ目は「狭く深く、つまりスペシャリスト」です。

2つ目は「広く浅く、つまりゼネラリスト」です。

3つ目は「その中間、π型人材と呼ばれる2つぐらいの専門分野(深く)+浅い教養知識の人」です。

 

この3つのどれかに人の仕事は当てはまるでしょう。そして、日本企業はゼネラリストが全体的に多いそうです。理由は、新卒一括採用で、皆が社長候補なので、いろいろな部署を異動で経験して、ゼネラリストに近付くからだそうです。

 

対して、欧米などは異動などなく、スペシャリストを目指す人が大半です。しかも、日本企業のようにその企業でしか通用しない特殊技能ではなく、汎用的な、どの企業でも通じる特殊技能を磨くので、転職がしやすいですし、実際、転職市場も整っています。

 

ところで、理系人材は概して、スペシャリストになりがちです。理系は細分化がかなり進んでいるからです。そして、「狭く深く」の頭脳の働かせ方と、「広く浅く」の頭脳の働かせ方は異なると思われます。

 

しかも、「狭く深く」のスペシャリストの人は、それ以外の分野にまで、基本的に人の割ける労力に限界がある以上、力や視点を向けることができません。

 

また、理系は「モノ」などに興味の対象が絞られがちです。(ITなら、パソコンやネットワークやプログラミングなどに興味が向くということです)

 

この「狭く深く」という頭脳の特徴と専門知識以外は知識が乏しいという視野の狭さ、さらに、「モノ」にばかり興味が向くという傾向から、次のことが言えます。

 

続きを読む

エシュロン説を私は2012年に書いていた。

エシュロンがある(スマホ、パソコンなどが盗聴、盗撮マシンになり、アメリカに情報が筒抜けになる)説を私は2012年に記事で書いていました。

 

証拠の写真を貼ります。なお、ブログのリンクは貼らないことにしますが、私のブログです。なので、著作権は問題ないです。(訴えられません。私のブログなので)

 

f:id:yababiji2:20170528160616p:plain

 

f:id:yababiji2:20170528160636p:plain

 

f:id:yababiji2:20170528160653p:plain

 

 

そして、スノーデン氏の2013年の告発です。

 

私はエシュロン説(この記事には書いてないですが、言ってました。エシュロンはあると)を信じていて、アメリカに情報が筒抜けだと悟っていたのです。2012年にはもう気づいていました。

 

このブログは現在も公開中ですが、リンクは貼りません。ですが、私のブログなので、著作権は本当に問題ありません。いつか、私が仮に有名になったときでも、問題ないですね。自分のブログですから。(著作権のリスクを冒してまで、他人のブログは貼りません。後で、騒動になったとき、怖すぎますし、一気に詐欺師呼ばわりで信用失墜です)

 

なぜ、リンクを貼らないかというと、個人情報がほんのちょっとだけだけど、書いてあるのが嫌なんですよ。なので、スクリーンショットだし、タイトルも省いたわけです。(タイトルで検索をいれると出てきますから)

 

以上です。

「今の日本の教育改革のネタ元本5 第7章 下」(ネタ元本3には第7章と第8章が入ってます)を無料で公開します。

目次

  
  1. 非正規の概要
  2. 非正規の悪い面
  3. 政府がしていることと金銭解雇
  4. 柔軟な働き方「シフト制」
  5. 柔軟な働き方「その他」
  6. フリーターの話
  7. 「不本意な非正規社員」を救う案
  8. 「究極の非効率社会日本の大転換 サラリーマンは3割減る!」の要約
  9. 「組織で上に行く人は「どこ」で差をつけているのか?」を参考に日本の大企業の出世について書く

 

非正規の概要

  

「今の日本の教育改革のネタ元本5 第7章 下」(ネタ元本5には>第7章と第8章が入ってます) を無料で公開します無料で読んでもらい、内容が良いと思ったなら投げ銭(100円でnoteで公開中。あくまであなたの意思です)してもらいたいと思います

 

noteの投げ銭をしたい方は、以下の記事か、HP上のリンク先からnoteに飛んでください。

 

 

最後に、非正規について述べて終わりにすることにします。

 

総務省労働力調査」によれば、2015年の雇用者(役員を除く)は5284万人であり、そのうち「非正規労働者」の数は1980万人です。(雇用者全体で見れば、「非正規労働者」の割合は37.7%です)

 

年齢別でみますと、35歳以上で1400万人を占めます。1990年代前半までは非正規雇用の中心は35~54歳でした。そして、その大半が主婦のパートだったのです。

 

2000年頃にかけて、「フリーター」という概念が広がり、若年層の「非正規雇用者」が増加しました。

 

さて、15歳~24歳「学生バイト層」、25歳~34歳「年長フリーター層」、35~54歳「中年フリーター層」、55歳以上「高齢者層」と区分けすることにします。

 

加えて、35歳~54歳の「中年フリーター層」のうち女性の大半は「主婦パート層」です。「学生バイト層」「主婦パート層」「高齢者層」の大半は柔軟な働き方を求めており、非正規雇用を自ら希望しているといえます。

 

もちろん、不本意に非正規で働いている「不本意非正規雇用者層」も存在し、その割合は全体の約17%です。2013年度のデータでいうと、1906万人中341万人という数が「不本意非正規雇用者」の数です。

 

男性全体での「不本意非正規雇用者」の割合は30.6%、女性全体では14.1%です。既婚女性が多く含まれるので、女性の「不本意率」が低いのでしょう。

 

働き盛りの35歳~54歳に絞りますと、「不本意非正規雇用者数」は、男女合計134万人です。

 

非正規雇用の問題が昨今、叫ばれていますが、実は「不本意非正規雇用者」について改善されるべきであり、その数は134万人とかなり少ないのです。(25~34歳の年齢層の「不本意非正規雇用者」は71万人だそうです。そして、25~34歳の非正規就労者の26%を占めています)

 

非正規の特徴である、雇用が不安定、待遇が低い(給与が低い)、キャリアが形成されにくいという面は、逆に考えると、正社員のように長時間労働や転勤や異動や残業がない、柔軟な働き方といえ、良い面もあります。

 

続きを読む

適応する現象

目次

  
  1. 事例1,2
  2. 事例3
  3. 事例4
  4. 事例5

 

事例1、2

  

適応する現象

 

人間は適応する生き物です。「最適化、適応化理論」の記事でも触れましたが、さらに詳しい具体例で見ていきましょう。

 

 

事例を見ていきましょう。

 

1 感覚が鈍る現象

 

普段、文章を書いている人がある一定期間、書かないでいると感覚が鈍るということが起こります。文章に適応していた脳が適応度を下げたためでしょう。スポーツでも普段の練習をさぼったり、ボクシングで言えば得意の右ストレートの練習ではなく、違うパンチの練習を増やすと、違うパンチの方の適応度が上がり、得意の右ストレートの適応度は落ちるでしょう。

 

2 環境に適応した者が生き延びる

強い者ではなく、環境に適応した者が生き延びると言われます。

続きを読む

本人確認致しました (追記あります)

以下の記事で、疑っていた2名が元知り合いと知り合いだということが判明しました。

 

 

1名はLINEで話しましたので間違いありません。

 

もう1名も、ブログ上との討論で確定できたので。

 

私の思った通りでした。

 

知り合いが書き込みに来るという事実。

 

自身の眼力、凄いなぁと自分でも怖い。

 

間接証拠で、論理だてると、ある程度、精度高く当たるようです、私の場合。

 

追加情報です。

 

また、コメント消えているんだけど。Koukihさんのコメントが。

 

知り合いにWebデザイン外注してパスワードを教えたから、それで他のアカウントに移動しても、入れるのかなぁ。と疑ってしまう。はてなアカウントに問い合わせます。

 

知り合いはウソをついたということから、信頼度が下がっているんだよね。もしくは、誰かに遠隔操作でもされているのかなぁ。ブログせっかく移転したのに。

 

また、コメントが勝手に消える事件が起きて、疑心暗鬼です。

f:id:yababiji2:20170528001731p:plain

 

f:id:yababiji2:20170528001436p:plain

 私の記事は、参考・引用文献をつけたものは、他人の知恵を借りましたが、つけてない記事は私が考えたものです。私の思いつきとも言えますが、剽窃ではないですし、その思いつきのレベルでもちゃんとした内容になっているのなら、問題ないのではないでしょうか?

 

しかも、パクられているのは私の側なのです。私がパクったのではなく、メディア系(出版社含む)が逆にパクっている、逆パターンです。Koukihさんは、私の元知り合いであり、縁が切れているのと、私に相手にされない状態で、逆ギレしているのです。

 

この人、何の証拠もなく、剽窃と決めつけて、侮辱しましたよね。しかも、この人のブログに私のことを他人の考えをあたかも自分の考えであるかのように語るみたいに書いています。参考・引用文献をつけたのはある程度、知恵を借りましたが、それ以外は自力で考えたアイデアです。これ、侮辱罪ですかね?

 

さらに、Koukihさんは、表面上は好意的なコメントを残していましたが、裏ではこき下ろしていた(自分のTwitterやブログなどで)という非常にタチが悪い陰険な人物です。

 

で、本性が出たわけです。元知り合いだと確認できました。すべての間接証拠が物語っていますし、Koukihさんは自白したようなものですからね。(今回は矛をおさめようとか書いてますし)

 

イヤな人間を見てしまいましたね。だから、私は人間不信になるんだよね。こんな、イヤな、腐った人間、たくさん見てきましたから。

 

以上です。

 

 

私が「わざわざ不快な感情、人間」を身近に置くワケ。

目次

  
  1. やまもとさんの記事
  2. 私の主張
  3. 私の主張2
  4. 結論と補足

 

やまもとさんの記事

  

まず、やまもとりゅうけんさんの記事が以下です。ぜひ、読んでみてください。

 


簡単に要約すると、やまもとさんは炎上商法に近いこと、過激なことを言っているように見えますが、やまもとさんの真の目的は「自分と価値観の合わない人を排除する」ことだそうです。

 

自分が正しいと思っていることを過激に?主張すれば、その価値観に該当しない人は近付かなくなるからですね。

 

続きを読む

「最適化、適応化理論」

目次

  
  1. 「最適化、適応化理論」の概要
  2. 私の事例など

 

「最適化、適応化理論」の概要

  

「最適化、適応化理論」

 

私の今までの経験と読書などを基に、「最適化、適応化理論」という説を紹介したいと思います。

 

最適化とは、くだけて言えば「~脳」になるとでも言いましょうか。私のように執筆ばかりしていれば「執筆脳」になりますし、営業などの仕事で話してばかりいれば「会話脳」になるなどです。

 

他にも、ITばかり、つまりプログラミングばかりしたり、パソコンばかりいじっていれば「IT脳」になります。

 

これは、その分野に過剰に適応したとも言い換えられるでしょう。だから、「最適化、適応化理論」と私は呼びます。

 

人間は、何かの分野をずっと続けていると、その分野に適応し、慣れてきて、その分野においては上達するのですが、他の分野など関連性が薄いことになると、その関連性が薄い分野においては上手くできません。

 

ITの人が、コミュ力が全般的に下手な人が多いと言われるのは過剰にプログラミングばかりにのめり込んだからでしょう。プログラミングばかりしていれば、人との会話は少なくなります。となると、当然、人との会話では最適化、適応化しません。

 

受験勉強ばかりの人もそういう意味では同じでしょう。人との会話をしないからです。もちろん、家庭内で家族がコミュ力のある人であり、その家族と頻繁に会話してきた人は、会話が元々得意なので、ITや受験勉強をしても、元々会話に適応してきた下地があるので、そこまでIT脳や受験脳にならないでしょう。

 

しかし、何かの訓練を怠る、つまり、会話もずっとしなくなると、会話能力も落ちる可能性があります。せっかく、執筆脳を手に入れても、執筆から長い間遠ざかったら、以前よりは下手になっている可能性は残ります。

 

続きを読む

こんなファンっています?

まず、以下の記事「ファンを装うファンじゃない人」を投稿しました。

 


そしたら、返信がいっぱい来ました。

 

まず、rarara2437さんのブックマーク状況を貼ります。

f:id:yababiji2:20170526153448p:plain

 

 次に、投稿を貼ります。

f:id:yababiji2:20170526153513p:plain

f:id:yababiji2:20170526153531p:plain

f:id:yababiji2:20170526153543p:plain

f:id:yababiji2:20170526153601p:plain

f:id:yababiji2:20170526153612p:plain

f:id:yababiji2:20170526153634p:plain

 

 このやり取りを見て、読者の方はどう思いますか? または元記事から読むと、理解が深まるでしょう。

 

一言言いたいです。「こんなファンいます?」と。(笑い話になるレベル)

 

ま、私に批判的な知り合いなんですけどね(ほぼ私の中では確定しています)

 

ネット上ではいくらでも嘘つき放題なので、皆さん、注意してくださいね。あと、リアルでも嘘をついている人がいるし、平然と嘘を突き通して罪悪感がない人もいるので、要注意です。騙されますよ。女性の皆さんはとくにご注意を。

 

私は、もうrarara2437さんと論じる気はありません。時間の無駄ですので。

「頭の良さとは表現力(アウトプット)である」

目次

  
  1. 「頭の良さとは表現力(アウトプット)である」の概要
  2. インプット・アウトプットの適性・優位性
  3. 私の結論
  4. インプットの盲点

 

「頭の良さとは表現力(アウトプット)である」の概要

  

「頭の良さとは表現力(アウトプット)である」

 

私が最近、気づいたことを書きます。頭が良い人とは、表現力(アウトプット)が優れている人のことだなと。

 

私が考える頭の良さとは、推論能力が高い、問題解決力が高い、意思決定力が高い、アウトプット力が高いなどがあり、表現力(アウトプット)はその一つです。他にもあるかもしれませんね。

 

で、そのアウトプット方法は文章でも、話すことでも、プログラミングでも、数式でもいいのです。

 

インプットの手段は人によって異なります。聴覚派は、TV番組や講義や人になるでしょう。視覚派は、本や参考書になるかもしれません。

 

いずれにせよ、アウトプットの是非で、その人の能力の優劣を測るべきだと私は考えています。今の大学入試ではインプット偏重でアウトプットが軽視されていました。

 

アウトプットといっても、小論文(一部の大学)や記述式で多少測られる程度です。大学教授の世界では論文重視です。書くことに対する能力の優位性が高いのです。

 

しかし、中には、書くことが苦手でも、話すことが得意な人はいます。逆に、私のように、書くことは得意でも、話すのはそれほど得意じゃない人もいます。

 

書く、話す、さらに、プログラミングや数式でも、アウトプットが素晴らしければ、その人は頭が良いと思うのです。

 

続きを読む